お知らせ

お知らせ NOTICE

第5回 自動車機能安全カンファレンス 出展のお知らせ作成日
2017-11-13

第5回 自動車機能安全 カンファレンスハートランド・データは、2017年12月5日(火)~6日(水)に開催される『 第5回 自動車機能安全カンファレンス 』に出展します。

詳細は右のバナーからご確認ください。

ハートランド・データ、機能安全に準拠し効率的なテスト実施を支援するサービス “ DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET – ” を開始作成日
2017-11-13

報道関係者各位
プレスリリース

2017年11月13日
ハートランド・データ株式会社

ハートランド・データ、機能安全に準拠し効率的なテスト実施を支援するサービス

“ DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET – ” を開始

ハートランド・データ株式会社(本社:栃木県足利市福居町361 代表取締役 落合亮)は、組込ソフトウェア開発用の動的テストツール「DT10 Automotive Edition」を利用した効率的なテストを支援するサービス「DiET」を開始しました。

DiET(ダイエット:Dynamic test Efficiency Technique)は、
効率的なテスト実施を支援するサービスです。

機能安全規格に準拠したソフトウェア開発の現場での課題として、「機能安全規格の知識・スキルの不足」、「網羅性を求められるカバレッジ計測対応のために上がらない効率」、「テストの複雑化・大規模化によるリソース(人員)の不足」ということが挙げられます。

ハートランド・データでは、自社製品の ISO 26262 / IEC 61508 ツール認証の経験を活かし、さらにソフトウェア開発の経験があるエンジニアが機能安全規格に対するスキルアップを図ることで、お客様の課題解決の一助となるべく、今回のサービスを立ち上げました。

DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET – の概要

DiETは、ISO 26262 や IEC 61508 の機能安全規格に対応した、テストの効率的な実施を支援するサービスです。
機能安全規格のツール認定を取得した自社開発動的テストツール「DT10 Automotive Edition」を使用し、ボトムアップテストアプローチを利用したハートランド・データ提唱のテスト手法「DiET method」を活用することで、動的カバレッジ計測とテスト実施の効率化を図ります。
DiET 紹介ページへ

サービス構成 – DiET menu – の紹介

DiET には、以下 5 つの menu を用意しています。
・効率的カバレッジ計測 :計画・運用・エビデンス作成といった、テストライフサイクルをサポート
・テストシナリオ生成  :DiET method を活用してテスト効率を上げるテストシナリオを生成
・テスト代行      :機能安全に準拠したテスト実施の代行も可能
・統合テスト手法    :統合テストに特化した内容のサポート
・追加ツール認定    :セーフティマニュアルにない機能の使用をサポート

お客様は、これらの menu を自由に組み合わせてサービスを利用することが可能です。

会社概要

名称:ハートランド・データ株式会社
本社住所:栃木県足利市福居町361
設立:1982年1月18日
資本金:3,200万円
代表者:代表取締役 落合亮
ホームページ:http://hldc.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

ハートランド・データ株式会社
ソリューション事業部 ソリューション開発課

TEL:0284-22-8791
お問い合わせフォーム

メディカルクリエーションふくしま2017 にご来場ありがとうございました作成日
2017-10-31

ハートランド・データは、2017年 10月25日(水)~26日(木)に開催された「メディカルクリエーションふくしま2017」に出展いたしました。
弊社ブースへのご来場、誠にありがとうございました。

ホームページにて、出展ブースや展示デモのご紹介をしております。
詳細はこちら(メディカルクリエーションふくしま2017 出展レポート)をご覧ください。

DT-Win Ver.3.1.0 リリースにおける重要なお知らせ作成日
2017-10-18

日頃よりハートランド・データ製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
 
DT-Win Ver.3.1.0のアップデートに合わせて、DLLドライバを Ver.3.1.0に更新しました。
DT-Win Ver.3.1.0をご使用になる場合は、必ず最新のDLLドライバ Ver.3.1.0にアップデートをお願いいたします。
(DT-WinアプリケーションとDLLドライバのバージョン番号を揃えてご使用ください。)
 

▼DT-WinアプリケーションバージョンとDLLドライババージョンの対応

DT-Win Ver.3.1.0をご使用になる場合 DT-Win Ver.2.3.0をご使用になる場合
DLLドライバ Ver.3.1.0をご使用ください。
※DLLドライバ Ver.2.3.0以前のバージョンでは、
データ取得ができません。
DLLドライバ Ver.2.3.0をご使用ください。
※最新のDLLドライバ Ver.3.1.0では、
データ取得ができません。

DLLドライバのバージョン確認は、以下の方法でご確認いただけます。

  • エクスプローラで、該当のDLLファイルを右クリックします。
  • 表示したプロパティダイアログで、詳細タグを選択します。
  • 製品バージョンを確認します。

 

最新のドライバDLLは、下記よりご入手いただけます。

動的テストツール「DT-Win」最新Ver.3.1.0の提供を開始いたしました。作成日
2017-10-18

動的テストツール「DT-Win」最新Ver.3.1.0の提供を開始いたしました。
 

主な変更点
  • レポート収集時の古いレポートデータを自動削除する機能を追加しました。
  • 外部テキストファイルから条件付きコンパイル解析設定をインポートする機能を追加しました。
  • プロセス占有率スコープにエクスポートを追加しました。
  • 関数カバレッジレポート機能を追加しました。
  • DT-Winにプラグインメニューを追加しました。
  • テストポイント挿入でC#のラムダ式に対応しました。
  • ドライバDLLの改善をしました。
  • DTCmdのテストポイント挿入機能を改善しました。
  • レポート解析結果の表示順を降順優先に変更しました。
  • 既知の問題点の修正。

 

詳細な情報は下記よりご入手頂けます。

【重要なお知らせ】DT-StorageアプリケーションをDT10アプリケーションに統合しました作成日
2017-10-18

日頃よりハートランド・データ製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

これまで、SDストレージモード搭載の「Dynamic Tracer Storage 」を使用できる専用アプリケーション「DT-Storage」と、
ソフトウェアの開発で汎用的に使用できる「DT10」アプリケーションを、それぞれ提供してまいりましたが、
利便性向上のため、この度リリースされた「DT10 Ver.12.1.0」に、「DT-Storage」アプリケーションの機能を統合いたしました。

今後は、DT10 アプリケーションで、「Dynamic Tracer Storage 」のハードウェアをご使用いただけるようになります。
「Dynamic Tracer Storage 」は、SDストレージモードを搭載したモデルで、PCを使用することなく、SDカードに直接トレース結果を保存することができ、
評価部門で複数ターゲットのトレース結果を取得するなど、DT10の活用の幅を広げることができます。
無料トライアルも実施しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
 

「Dynamic Tracer Storage 」のメリット
  • 複数台で効率的にデータ収集
  • バグの原因特定をスピードアップ
  • 開発⇔検証のやりとりを円滑に

⇒詳細は、「DT-Storage製品情報ページ」をご覧ください。

お問い合わせ

本製品の詳細・お見積りに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

動的テストツール「DT10」最新Ver.12.1.0の提供を開始いたしました。作成日
2017-10-18

動的テストツール「DT10」Ver.12.1.0 の提供を開始いたしました。
 

主な変更点
  • 「Dynamic Tracer Storage」用の設定画面に対応しました。
  • レポート収集時の古いレポートデータを自動削除する機能を追加しました。
  • 外部テキストファイルから条件付きコンパイル解析設定をインポートする機能を追加しました。
  • DTCmdにDTConverter機能を統合しました。
  • プロセス占有率スコープのエクスポートに対応しました。
  • 関数カバレッジレポート機能を追加しました。
  • DT10にプラグインメニューを追加しました。
  • テストポイント挿入でC#のラムダ式に対応しました。
  • 電流測定時に電流値を小数点数で表示できるように対応しました。
  • ファイル書き出し接続の64コアターゲットに対応しました。
  • DTCmdのテストポイント挿入機能を改善しました。
  • レポート解析結果の表示順を降順表示優先に変更しました。
  • CPU負荷測定の最小時間間隔をユーザー指定できるように対応しました。
  • サブツール(DTDiff)の新プロジェクトに対応しました。
  • ハードウェアマニュアルをヘルプから除外しました。
  • 既知の問題点の修正。

 

詳細な情報は下記よりご入手頂けます。

 
お問い合わせ・お見積りについてはこちらから

第6回DT10活用セミナー(2017年9月14日) 開催レポート作成日
2017-10-02

ハートランド・データは、2017年9月14日(木) 秋葉原UDX GALLERY NEXT-1にて、
第6回DT10活用セミナー『お客様の成功をもたらす、最新の動的テストツール活用方法、お客様事例を一挙にご紹介 』 を開催いたしました。

 

今回のセミナーについて

本セミナーでは、動的テストツールを導入していただいたユーザー様に、 もっとツールを使い倒し、最大の効果を上げていただくために 活用事例の紹介を中心としたセミナーを開催いたしました。
今回は、 新たに3組のユーザー様を講師としてお迎えし、 最新事例を紹介いたしました。

また、ハートランド・データからは、動的テストツール「DT」シリーズのリリース予定の最新機能と、動的テストのトレンドTipsをご紹介しました。

 

セミナーの詳細はこちら(第6回DT10活用セミナー(2017年9月14日) 開催レポート)をご覧ください。

Embedded Technology 2017 (ET2017) 出展のお知らせ作成日
2017-10-01

ハートランドデータ Embedded Technology 2017 (ET2017) 出展のお知らせハートランド・データは、2017年11月15日(水)~17日(金)に開催される【Embedded Technology 2017 (ET2017) 】に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

詳細は右のバナーからご確認ください。

ブログサイト開設のお知らせ作成日
2017-09-21

この度、ハートランド・データではブログサイトを開設いたしました。

ブログタイトルは「ハートランド・ザ・ワールド」。
動的テストツール「DT」シリーズの製品情報や活用方法のご提案はもちろん、
ソフトウェアテストの基礎知識、プログラミング技術など、幅広く情報発信していきたいと思います。
ぜひご覧ください。

▼ブログサイトはこちらから

No | タイトル | 区分 | 作成日
1 / 2312345...1020...最後 »