セミナー・イベント

セミナー・イベント SEMINAR OR EVENT

第6回 自動車機能安全カンファレンス  出展レポート作成日
2018-12-15

ハートランド・データは、2018年 12月6日(木)~7日(金)に開催された「第6回 自動車機能安全カンファレンス」に出展いたしました。

セミナー

改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ

セミナー

機能安全対応に伴い、ソフトウェア開発現場では様々な課題に直面している。
規格で要求されているカバレッジ計測について振り返り、効率よくカバレッジ計測するためのポイントを、動的テストツールDT10 Automotiveエディッション の適用とトレーサビリティの側面から解説しました。

展示会

ハートランド・データブースでは、動的テストツールをデモを交えてご紹介いたしました。

動的テストツールのデモンストレーション

出展ブース_DT-Win 出展ブース_説明員
出展ブース_DT10
dt-automotive
ET2017出展レポート 02_DT10AE

機能安全規格(ISO 26262) で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。ブースでは、MC/DCのカバレッジ解析機能などの新機能をご紹介。
規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたしました。

DiET

DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
お客様の課題に合わせたサービスメニューをご提案いたしました。

dt10

DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、昨年リリースされたばかりの最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたしました。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。
Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたしました。

出展ブース

ハートランド・データでは、製品をよりご理解いただくために無料のセミナーを実施しております。
1月には、機能安全規格の構成とソフトウェアテストにおける課題について解説するオンラインセミナーを開催いたします。
機能安全やカバレッジ計測に興味がある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

○ オンラインセミナー
機能安全のすすめ方。 〜見えない品質を作るために、いかにテスト効率を上げるか〜
>開催日時 :2019年1月30日(水) 16:00~16:40 
>形式 :オンライン
>参加費 :無料
>詳細・お申し込みはこちらから

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第3回 【関西】組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展のご案内作成日
2018-11-30

ハートランド・データは、2019年01月23日(水)~25日(金)に開催される『第3回 【関西】組込みシステム開発技術展(ESEC)』に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

会期 2019年01月23日(水)~25日(金)
10:00-18:00 (最終日のみ17:00)
会場 インテックス大阪
小間番号 10-3
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

【関西】組込みシステム開発技術展は、CPU/MCU、ミドルウェア、ボード・コンピュータ、開発ツールなどが一堂に出展する専門展です。
自動車・輸送機器、FA機器、精密・医療機器、通信・モバイル、家電・AVなどのメーカーの設計者・開発者の方々が多数来場し、出展企業と活発な商談が行われます。

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
また、ブース内のステージにおいて、動的テストをテーマにミニプレゼンテーションを行います。
本展示会にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■ツールチェーンで組込み機器の”テスト自動化”を後押し

・UIテスト自動化ツール『Ranorex』と連携した回帰テストの自動化のデモ
H/W信号をターゲットにした入出力テスのデモ
 

■開発現場で使える『凄ワザ デバッグ術』

・2つのターゲットの動作の違いが一目瞭然。さらに進化したレポート比較プラグイン『DT-TREx
・バージョン間の回帰テストの結果の違いや、異常動作時の経路などを確認できる
 

■DT10 AE プロジェクト適用サービス DiET

・ISO 26262やIEC 61508の機能安全規格に対応
効率的なテストの実施を支援するサービスのご提案

 

※画像をクリックすると、会場図が拡大表示されます。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。
 

ブース内プレゼンテーション

“10分で理解が深まる” をコンセプトに、ブース内プレゼンテーションを行います。
気軽に、動的テストの最新情報や業界動向が得られるミニプレゼンテーションです。

■面倒なカバレッジ計測、
 動的テストで実施する5つのメリット

動的テストツール DTシリーズ
 

■増えてます!組込み開発のテスト自動化
 ~ぜひ真似したい実践のポイント~

テスト自動化システム
 

■機能安全の認証取得が必要なあなたへ
 改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ

DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット)

事前アポイント

本展は非常に大きな展示会です。
お時間を有効に使っていただくためにも、事前アポイントをおススメいたします。
下のバナーをクリックして「お問い合わせフォーム」よりご来場予定の日時をご連絡ください。担当者より折り返しご連絡申し上げます。

お申し込み特典

・お申し込みいただいた方全員に、粗品をプレゼント!

※アポイントは先着順とさせていただきます。ご希望の日時に先約がある場合は、誠に恐縮ですが別の日時をご案内させていただきます。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

Embedded Technology 2018(ET2018) 出展レポート作成日
2018-11-26

ハートランド・データは、2018年11月14日(水)~16日(金)に開催された「Embedded Technology 2018(ET2018)」に出展いたしました。
展示会では、最新の動的テストツール「DT」シリーズや「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」などをご紹介させていただきました。

本ページでは展示ブースのご紹介のほか、
展示会で使用したプレゼンテーション資料のダウンロードのご案内をいたします。
是非ご覧ください。

Embedded Technology 2018(組込み総合技術展)出展レポート

出展ブース

ハートランド・データブースでは、動的テストツールなどをデモを交えてご紹介いたしました。
また、ブース内の特設ステージでは、30分毎に5種類のプレゼンテーションを実施いたしました。

動的テストツールのデモンストレーション

出展ブース_1 出展ブース_3
出展ブース_2 出展ブース_4
dt-automotive
ET2018出展レポート 02_DT10AE

機能安全規格(ISO 26262) で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。
規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたしました。

DiET

DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
お客様の課題に合わせたサービスメニューをご提案いたしました。

dt10

DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたしました。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。
Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたしました。

展示ブース内プレゼンテーション

展示ブース内では、動的テストツールに関するプレゼンテーションを3日間実施いたしました。
多くのソフトウェア関係者の方に足を止めていただき、誠にありがとうございました。

Embedded Technology 2018(組込み総合技術展)出展レポートプレゼンテーション

プレゼンテーション内容
面倒なカバレッジ計測、動的テストで実施する5つのメリット
【 動的テストツール DTシリーズ 】

カバレッジ100%なんて面倒だと思っていませんか。
動的テストツールDTシリーズを使うと、ターゲット機器の動作に伴ったカバレッジをリアルタイムで取得することが出来ます。様々なカバレッジを一挙に計測でき、テスト未実施の箇所もわかりやすく表示できるなど、動的テストツールでカバレッジを計測する5つのメリットをご紹介しました。
動的テストツール、本当に知ってますか?ソフトウェア開発現場で使える 凄ワザ デバッグ術
【 動的テストツール DT10 / プラグインツール DT-TREx 】

「他の開発者が作った処理のデバッグ」、「通常時と異常時の違いがうまく説明できない」など、
こんな不具合にお困りではありませんか?
従来手法では時間のかかるデバッグ作業が、DT10なら簡単に準備・検証・特定ができます!
動的テストツールを使った、ソフトウェア開発現場で使える凄ワザデバッグ術をご紹介しました。
増えてます!組込み開発のテスト自動化~ぜひ真似したい実践のポイント~
【 テスト自動化システム 】

組込み開発のテスト自動化では、どういった事ができるのだろうか。
本プレゼンテーションでは、組込み機器向けテスト自動化ソリューション「DT-ACE」の2つの事例をご紹介。
1つ目は、⾃動テストアプリ(Ranorex)を使用したソリューションの例。中継アプリを介すことで、組込み機器でもテスト自動化を実現します。2つ目は、専用のハードウェアを使用することによって制御信号の⼊出⼒のテストを自動化します。
ソフトウェアテストがもっと楽になる、最新自動化ソリューションをご紹介しました。
コードを変えたらどこまでテストする?~影響範囲を特定すればもう悩まない~
【 影響範囲特定ツール 】

影響範囲の⾒極めは重要です。
しかし、開発現場では、ドキュメントが実コードと一致しなかったり、担当部分以外にも影響がある場合があったりするので、影響範囲を見極め、テストを行うのはとても大変です。
「影響範囲特定アプリケーション」は、変更差分情報と構造解析情報から影響範囲を抽出するツールです。このツールを使用して、動的テストツールDTシリーズで、開発終盤での範囲を限定した動的テストをする手法をご紹介しました。
機能安全の認証取得が必要なあなたへ 改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ
【 DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット) 】

機能安全対応で必須なカバレッジ。
カバレッジ率は計測するだけでなく、未通過の処理の”理由”を明確にして、質の高いテストケースへつなげていくことが大切です。
本プレゼンテーションでは、DT10 Automotive Editionのカバレッジ計測機能による未通過位置と構造の把握方法と、トレーサビリティからのテストアプローチをご紹介しました。

本展示会にお越しになれなかった方や、もう一度内容を振り返りたい方のために、プレゼンテーション資料のダウンロードをご用意しております。
是非ご利用ください。

「資料ダウンロード」の詳細はこちらから

カンファレンス

リグレッションテストにおけるノウハウをご紹介

11月14日(水)に、『 IoT機器のリグレッションテストにおけるノウハウ〜影響範囲の特定方法とテスト手法〜』
と題しまして、講演いたしました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

Embedded Technology 2018(組込み総合技術展)出展レポートプレゼンテーション カンファレンス

ソースコードを変更したら、すべてのテストケースを最初からやり直すのが理想。仮に、すべてのテストケースをやり直せたとしても、遠く離れたIoT機器のフィールドテストはどうか。ツールを使用することで、カバレッジ計測やパフォーマンスの測定をすることはできるが、結局すべてを実施することは、十分な工数が確保されていない限り難しい。
そこで、本セッションでは、リグレッションテストにおいて、変更による影響範囲を絞り込むノウハウと、遠隔地のIoT機器のフィールドテストを効率的に実施するためのノウハウをご紹介しました。

本展示会で使用した資料は、無料でダウンロードいただけます。
お越しになれなかった方、もう一度内容を振り返りたい方は、是非ご利用ください。
詳細は、「資料ダウンロード」をご覧ください。

資料ダウンロード

プレゼンテーション資料を無料ダウンロード!

本展示会のプレゼンテーション資料を、無料でダウンロードいただけます。
下記の「資料ダウンロードはこちらから」のバナーより、ダウンロードフォームにお進みください。

ダウンロード資料 以下の資料をPDF形式でダウンロードいただけます。

■展示ブース内プレゼンテーション資料

・面倒なカバレッジ計測、動的テストで実施する5つのメリット
 【 動的テストツール DTシリーズ 】
・動的テストツール、本当に知ってますか?ソフトウェア開発現場で使える 凄ワザ デバッグ術
 【 動的テストツール DT10 / プラグインツール DT-TREx 】
・増えてます!組込み開発のテスト自動化~ぜひ真似したい実践のポイント~
 【 テスト自動化システム 】
・コードを変えたらどこまでテストする?~影響範囲を特定すればもう悩まない~
 【 影響範囲特定ツール 】
・機能安全の認証取得が必要なあなたへ 改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ
 【 DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット) 】

■カンファレンス

・ IoT機器のリグレッションテストにおけるノウハウ〜影響範囲の特定方法とテスト手法〜

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第6回 自動車機能安全カンファレンス 出展のご案内作成日
2018-11-02

ハートランド・データは、2018年12月6日(木)~7日(金)に開催される『第6回 自動車機能安全カンファレンス』に出展します。

開催概要

イベント名 第6回 自動車機能安全カンファレンス
自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線
会期 2018年12月6日(木)~7日(金)
会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
参加対象 自動車メーカー、Tier 1、Tier 2、Tier 3、関連企業ならびにハード・ソフトベンダーを含めた一般技術者
主催 株式会社インプレス

本カンファレンスでは、「自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線」というテーマのもと当業界のエキスパートの方々に、様々な視点から機能安全とセキュリティに関する知見、事例を紹介していただきます。

セミナー

「改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ~忙しすぎるソフトウェアテストから抜け出すために~」と題しまして、講演を行います。
「第6回 自動車機能安全カンファレンス」にご来場の際は、ぜひご参加ください。

タイトル 改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ
~忙しすぎるソフトウェアテストから抜け出すために~
内容 機能安全対応に伴い、ソフトウェア開発現場では様々な課題に直面している。規格で要求されているカバレッジ計測について振り返り、効率よくカバレッジ計測するためのポイントを、動的テストツールDT10 Automotiveエディッション の適用とトレーサビリティの側面から解説する。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。
 

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

Embedded Technology 2018(ET2018) 出展のご案内作成日
2018-10-08

ハートランド・データは、2018年11月14日(水)~16日(金)に開催される『Embedded Technology 2018(ET2018) 』に出展します。

開催概要

会期 2018年11月14日(水)~16日(金)
10:00~17:00(15日は18:00まで)
会場 パシフィコ横浜
小間番号 D-03
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会

すべての人・モノ・コトがつながるIoT時代を迎えた今、組込み技術の重要性と将来への期待は、ますます高まっています。
進化する組込みの先進技術が集まるEmbedded Technology。
“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology。
これからの成長分野を支えていく重要な技術にフォーカスした、ET展と新設のIoT Technology展を同時開催することで、自動車、医療、インフラ等、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションを提案する場とし、シナジー効果を創出します。

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
また、ブース内のステージにおいて、動的テストをテーマにミニプレゼンテーションを行います。
本展示会にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■ツールチェーンで組込み機器の”テスト自動化”を後押し

・UIテスト自動化ツール『Ranorex』と連携した回帰テストの自動化のデモ
・H/W信号をターゲットにした入出力テストも自動化
 

■開発現場で使える『凄ワザ デバッグ術』

・2つのターゲットの動作の違いが一目瞭然。さらに進化したレポート比較プラグイン『DT-TREx
・バージョン間の回帰テストの結果の違いや、異常動作時の経路などを確認できる
 

■DT10 AE プロジェクト適用サービス DiET

・ISO 26262やIEC 61508の機能安全規格に対応
効率的なテストの実施を支援するサービスのご提案

 

※画像をクリックすると、全体図が表示されます。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。
 

ブース内プレゼンテーション

“10分で理解が深まる” をコンセプトに、ブース内プレゼンテーションを行います。
気軽に、動的テストの最新情報や業界動向が得られるミニプレゼンテーションです。

■面倒なカバレッジ計測、
 動的テストで実施する5つのメリット

動的テストツール DTシリーズ
 

■動的テストツール、本当に知ってますか!?
 ソフトウェア開発現場で使える 凄ワザ デバッグ術

動的テストツール DT10・プラグインツール DT-TREx
 

■増えてます!組込み開発のテスト自動化
 ~ぜひ真似したい実践のポイント~

テスト自動化システム
 

■コードを変えたらどこまでテストする?
 ~影響範囲を特定すればもう悩まない~

影響範囲特定ツール
 

■機能安全の認証取得が必要なあなたへ
 改めて考えるカバレッジとトレーサビリティ

DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット)

カンファレンス

こちらのセミナーは無料で聴講できます!!
会場の座席には限りがございます。定数になり次第締め切りになりますので、お早目にご登録ください。

タイトル IoT機器のリグレッションテストにおけるノウハウ
〜影響範囲の特定方法とテスト手法〜
内容 ソースコードを変更したら、すべてのテストケースを最初からやり直すのが理想。仮に、すべてのテストケースをやり直せたとしても、遠く離れたIoT機器のフィールドテストはどうか。ツールを使用することで、カバレッジ計測やパフォーマンスの測定をすることはできるが、結局すべてを実施することは、十分な工数が確保されていない限り難しい。

そこで、本セッションでは、リグレッションテストにおいて、変更による影響範囲を絞り込むノウハウと、遠隔地のIoT機器のフィールドテストを効率的に実施するためのノウハウをご紹介する。

セッションNo. DVT-1
日時 11月14日(水) 10:30~11:15
場所 展示会場内 セミナー会場C

※聴講には事前登録が必要です。

ETフェスタ

11月15日(木)17:00〜18:00 に開催される「ETフェスタ」に参加します。
ハートランド・データ本社がある栃木県のご当地ドリンクの「レモン牛乳」や地元のワイン等を用意してお待ちしております。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

ET2017_ETフェスタ
▲2017年のETフェスタの様子。

事前アポイント

本展は非常に大きな展示会です。
お時間を有効に使っていただくためにも、事前アポイントをおススメいたします。
下のバナーをクリックして「お問い合わせフォーム」よりご来場予定の日時をご連絡ください。担当者より折り返しご連絡申し上げます。

お申し込み特典

・お申し込みいただいた方全員に、粗品をプレゼント!

※アポイントは先着順とさせていただきます。ご希望の日時に先約がある場合は、誠に恐縮ですが別の日時をご案内させていただきます。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第 1 回 [名古屋] 自動運転 EXPO 出展レポート作成日
2018-09-18

第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO 出展レポート

ハートランド・データは、2018年9月5日(水)~7日(金)に開催された「第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO」に出展いたしました。
展示会では、最新の動的テストツール「DT」シリーズや、「組込み機器向けテスト自動化ソリューション」などをご紹介させていただきました。

本ページでは展示ブースのご紹介のほか、
展示会で使用したプレゼンテーション資料のダウンロードのご案内をいたします。
是非ご覧ください。

ハートランド・データ 第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO 出展レポート ブース全体写真

出展ブース

ハートランド・データブースでは、動的テストツールなどをデモを交えてご紹介いたしました。

動的テストツールのデモンストレーション

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション
MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたしました。

DiET
DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
お客様の課題に合わせたサービスメニューをご提案いたしました。

dt10
DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、DT10を使ったテスト自動化ソリューションなどのご提案をいたしました。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。
Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたしました。
 

出展社による製品・技術セミナー

リグレッションテストの効率化手法と機能安全

9月7日(金)に、『ソフトウェア リグレッションテストの効率化手法と機能安全』と題しまして、ソース変更後のリグレッションテストにおいて、その影響範囲を絞り込み、絞った対象を効率的にテストするための手法をご紹介いたしました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

ハートランド・データ 第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO 出展レポート 出展社による製品セミナー写真
本展示会で使用した資料は、無料でダウンロードいただけます。
お越しになれなかった方、もう一度内容を振り返りたい方は、是非ご利用ください。
詳細は、「資料ダウンロード」をご覧ください。

資料ダウンロード

プレゼンテーション資料を無料ダウンロード!

本展示会のプレゼンテーション資料を、無料でダウンロードいただけます。
下記の「資料ダウンロードはこちらから」のバナーより、ダウンロードフォームにお進みください。

ダウンロード資料 以下の資料をPDF形式でダウンロードいただけます。

■出展社による製品・技術セミナー

・ソフトウェア リグレッションテストの効率化手法と機能安全

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

Embedded Technology West 2018(組込み総合技術展 関西) 出展レポート作成日
2018-07-13

HLDC出展|Embedded Technology West 2018(組込み総合技術展 関西) 出展

ハートランド・データは、2018年7月5日(木)~6日(金)に開催された「Embedded Technology West 2018(組込み総合技術展 関西)」に出展いたしました。
展示会では、最新の動的テストツールをご紹介させていただきました。

Embedded

出展ブース

ハートランド・データブースでは、動的テストツールなどをデモを交えてご紹介いたしました。

動的テストツールのデモンストレーション

dt-automotive
ET2017出展レポート 02_DT10AE

機能安全規格(ISO 26262) で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。
規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたしました。

DiET

DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
お客様の課題に合わせたサービスメニューをご提案いたしました。

dt10

DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたしました。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。
Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたしました。

無料セミナーのご案内

ハートランド・データでは、製品をよりご理解いただくために無料のセミナーを実施しております。
8月には、グレープシステム主催の「機能安全」をテーマとしたセミナーで講演いたします。
ぜひお気軽にご参加ください。

【グレープシステム主催】

機能安全対応ソフトウェア要求に慌てないための導入セミナー
開催日 2018年8月1日(水)
時間 13:30 ~ 17:00 (13:00 開場)
場所 大阪科学技術センター
参加費 無料
詳細・お申し込みはこちらから (※グレープシステム社のサイトに移動します)

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO 出展のご案内作成日
2018-06-29

ハートランド・データは、2018年9月5日(水)~7日(金)に開催される『第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO』に出展します。
展示会では、最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

第1回 [名古屋] 自動運転 EXPO 出展のご案内

会期 2018年9月5日(水)~7日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00終了
会場 ポートメッセなごや
小間番号 9-8
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

自動運転の専門展がついに名古屋に誕生!
自動運転・ADASに必要なセンサ、レーダー、AI・半導体、ダイナミックマップなどが一堂に出展。
自動運転のセミナーも同時開催し、自動運転技術の情報集積地になります。

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
本展示会にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■『ソースコード構造解析機能』搭載の最新版 DT10 Automotive

機能安全規格(ISO 26262)の認証取得済みエディッションの最新版のデモ
ソースコード構造解析機能で関数の呼び出し関係などをわかりやすくツリー表示
MC/DC解析のための真理値表を自動で生成
 

■ツールチェーンで”テスト自動化”を後押し

・新システム!『Ranorex』を使用した回帰テストの自動化のデモ
・変更による影響範囲を特定し、必要なテストケースを絞り込むことができる
 

■DT10 AE プロジェクト適用サービス DiET

・ISO 26262やIEC 61508の機能安全規格に対応
効率的なテストの実施を支援するサービスのご提案

 

※画像をクリックすると拡大します。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。
 

出展社による製品・技術セミナー

こちらのセミナーは無料で聴講できます!!
会場の座席には限りがございます。お早目にご来場ください。

タイトル ソフトウェア リグレッションテストの効率化手法と機能安全
内容 ソース変更後のリグレッションテストにおいて、その影響範囲を絞り込み、絞った対象を効率的にテストするための手法をご紹介いたします。
日時 9月7日(金) 11:50 – 12:20
会場 公式サイトをご確認願います。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

Embedded Technology West 2018(組込み総合技術展 関西) 出展のご案内作成日
2018-06-01

ハートランド・データは、2018年7月5日(木)~6日(金)に開催される『Embedded Technology West 2018(組込み総合技術展 関西) 』に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

会期 2018年7月5日(木)~6日(金)
会場 グランフロント大阪内 コングレコンベンションセンター
小間番号 C-04
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
ET West にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■動的テストツールDT10/DT-Winの最新バージョンリリース!

・2つのターゲットの動作の違いが一目瞭然。さらに進化したプラグイン『DT-TREx』のデモ
・不具合解析からパフォーマンスの改善まで、開発現場で使える『凄ワザ デバッグ術』
 

■ツールチェーンで”テスト自動化”を後押し

・新システム!『Ranorex』を使用した回帰テストの自動化のデモ
・変更による影響範囲を特定し、必要なテストケースを絞り込むことができる

 

※画像をクリックすると拡大します。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。
 

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展レポート作成日
2018-05-18

HLDC出展|第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC)出展

ハートランド・データは、2018年5月9日(水)~11日(金)に開催された「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展いたしました。
展示会では、最新の動的テストツール「DT」シリーズや「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」などをご紹介させていただきました。

本ページでは展示ブースのご紹介のほか、
展示会で使用したプレゼンテーション資料のダウンロードのご案内をいたします。
是非ご覧ください。

第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC)ブース全体

出展ブース

ハートランド・データブースでは、動的テストツールなどをデモを交えてご紹介いたしました。
また、ブース内の特設ステージでは、30分毎に4種類のプレゼンテーションを実施いたしました。

動的テストツールのデモンストレーション

出展ブース_1 出展ブース_3
出展ブース_2 出展ブース_4
dt-automotive
ET2017出展レポート 02_DT10AE

機能安全規格(ISO 26262) で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。
規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたしました。

DiET

DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
お客様の課題に合わせたサービスメニューをご提案いたしました。

dt10

DT10は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツール。特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。展示ブースでは、最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたしました。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。
Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたしました。

展示ブース内プレゼンテーション

展示ブース内では、動的テストツールに関するプレゼンテーションを3日間実施いたしました。
多くのソフトウェア関係者の方に足を止めていただき、誠にありがとうございました。

第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC)プレゼンテーション

プレゼンテーション内容
面倒なカバレッジ計測、動的テストで実施する5つのメリット
【 動的テストツール DTシリーズ 】

カバレッジ100%なんて、面倒で無理だと思っていませんか。
動的テストツールDTシリーズを使うと、ターゲット機器の動作に伴ったカバレッジをリアルタイムで取得することが出来ます。様々なカバレッジを一挙に計測でき、テスト未実施の箇所もわかわりやすく表示できるなど、動的テストツールでカバレッジを計測する5つのメリットをご紹介しました。
動的テストツール、本当に知ってますか?ソフトウェア開発現場で使える 凄ワザ デバッグ術
【 動的テストツール DT10 / プラグインツール DT-TREx 】

「他の開発者が作った処理のデバッグ」、「通常時と異常時の違いがうまく説明できない」など、
こんな不具合にお困りではありませんか?
従来手法では時間のかかるデバッグ作業が、DT10なら簡単に準備・検証・特定ができます!
動的テストツールを使った、ソフトウェア開発現場で使える凄ワザデバッグ術をご紹介しました。
どうやるの? 組込み開発のテスト自動化 ~ツールチェーンで自動化を加速!活用のポイント~
【 テスト自動化環境構築サービス 】

組込み機器向けテスト自動化ソリューション「DT-ACE」。
動的テストツールとUIテスト自動化ツールを、中継アプリを介し連携させることで、組込み機器のテスト自動化を実現します。
テストNGの時には、DT10のトレース情報からバグの発生箇所を特定できます。
ソフトウェアテストがもっと楽になる、最新自動化ソリューションをご紹介しました。
機能安全の認証取得が必要なあなたへ よくある課題とプロセス適用事例
【 DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット) 】

機能安全対応でよくある課題として、「スキルの不足」「上がらない効率」「リソースの不足」が挙げられます。
そんな課題を解決するために、DT10 Automotive Editionの各機能とボトムアップテストアプローチによる高効率動的テスト手法「DiET(Dynamic test Efficiency Technique) method」を活用した、
プロジェクト適用サービスをご紹介しました。

本展示会にお越しになれなかった方や、もう一度内容を振り返りたい方のために、プレゼンテーション資料のダウンロードをご用意しております。是非ご利用ください。

「資料ダウンロード」の詳細はこちらから

資料ダウンロード

プレゼンテーション資料を無料ダウンロード!

本展示会のプレゼンテーション資料を、無料でダウンロードいただけます。
下記の「資料ダウンロードはこちらから」のバナーより、ダウンロードフォームにお進みください。

ダウンロード資料 以下の資料をPDF形式でダウンロードいただけます。

■展示ブース内プレゼンテーション資料

・面倒なカバレッジ計測、動的テストで実施する5つのメリット
 【 動的テストツール DT10・DT10 Automotive 】
・動的テストツール、本当に知ってますか?ソフトウェア開発現場で使える 凄ワザ デバッグ術
 【 動的テストツール DT10 / プラグインツール DT-TREx 】
・どうやるの? 組込み開発のテスト自動化 ~ツールチェーンで自動化を加速!活用のポイント~
 【テスト自動化環境構築サービス 】
・機能安全の認証取得が必要なあなたへ よくある課題とプロセス適用事例
 【 DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット) 】

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

No | タイトル | 区分 | 作成日
1 / 912345...最後 »