セミナー・イベント

セミナー・イベント SEMINAR OR EVENT

CEDEC2014 レポート作成日
2014-09-22

cedec2014_logo

ハートランド・データは、2014年9月2日(火)~4日(木)に開催された、日本国内最大のゲーム開発者向け技術交流会「CEDEC 2014」に参加いたしました。

cedec2014-heartlandData-p1

 

スポンサーシップセッションを開催

9月4日(木)には『そのテスト足りてます? 〜テスト漏れを防ぐ動的コードカバレッジという考え方〜』と題して、
スポンサーシップセッションを行いました。多くのテスト、QA(品質保証)にご興味をお持ちの方がご参加くださいました。
ご清聴いただき、ありがとうございました。

当日セッションのメインテーマは
■テスト漏れがないことをどう証明するか?
■漏れなくテストを実行するにはどうすればよいか?

この2点に重点を置き、日本工学院八王子専門学校の大圖衛玄氏に全面協力頂き、
ハートランド・データ株式会社の「動的テストツールDT-Win」を活用した、実際のゲーム開発現場での
効果的な動的コードカバレッジの計測方法やプレイログを活用した動的テストの ”自動化” などを
ご紹介いたしました。

cedec2014-heartlandData-p2

●講演資料をご覧になりたい方はCEDECの講演資料のアーカイブサイト「CEDiL(CEDEC
Digital Library)」より、無料登録するだけでダウンロードいただけます。
http://cedil.cesa.or.jp/

また、CEDEC本番時にUstreamにてライブ中継を行いましたスポンサーセッションにつきまし
ても、Ustreamの番組ページにて9月下旬より録画映像を公開予定です。

 

展示ブースの様子

展示コーナーではセッションでもご紹介した『動的テストツールDT-Win』を展示しました。
ゲームテストの”自動化”に関心のある、沢山の方にご来場いただきました。
当日、キャンペーンとして配布した「動的コードカバレッジ無料体感キャンペーン」も大変好評をいただいております。

cedec2014-heartlandData-p3

「DT-Win 体感キャンペーン」のお知らせ

会場でお配りしておりました「動的コードカバレッジ無料体感キャンペーン」のダウンロード期限が
間もなく終了となります。
ダウンロードがお済でない方は下のバナーをクリックしてお早めにアクセスください。

CEDEC ご来場者限定 動的コードカバレッジ “無料”体感キャンペーン!!作成日
2014-09-01

 

キャンペーン期間

・2014年9月2日(火)〜10月3日(金)
 

キャンペーン概要

・CEDEC会場で配布されるID・パスワードで、DT-Winの体験版をダウンロードいただけます。
 DT-Winの詳細は、DT-Win 製品情報ページ をご覧ください。
・本キャンペーンでは、以下のものを提供いたします。

  • 体験版DT-Winアプリケーション
  • 体験版DT-Win用DLLドライバ
  • Standard Edition ライセンス (2014年X月XX日まで使用可)
  • DT-Win用デモ環境

・体験版DT-Winアプリは、ソフトウェアライセンスをご購入いただくことで、製品版としてご使用いただけます。
 

ダウンロード方法

    1.下の「ダウンロード」ボタンをクリックします。
    2.ID、パスワードを記入します。
    3.お客様情報を記入します。
    4.体験版を任意の場所にダウンロードします。

 

DT-Win動作環境

OS ・ Windows Vista
・ Windows7
※32bit版・64bit版にそれぞれ対応しています。
※WindowsInstaller3.1及びMicrosoft.NET Framework2.0以上がインストールされていること
(未インストールのPCにはセットアップできません。その場合、Windows Updateを実施してインストールしてください)
コンピュータ本体 ・ PC/AT互換機のみ
・ Pentium4 2GHz相当以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータが必要
・ 2CPU以上のシステムを推奨
・ Hi-Speed転送に対応したUSB2.0ポートが利用可能であること(USB1.0には対応しておりません)
メモリ ・ 1GB以上の実装メモリが必要
・ 2GB以上の実装メモリを推奨
ハードディスク ・ DT10のインストールには、100MB以上の空き容量が必要
・ テストレポート解析には2GB以上の空き容量が必要
また、テストレポート収集に別途1GB以上の空き容量が必要
ディスプレイ ・ ディスプレイ解像度XGA(1024 x 768 ピクセル)以上が必要
・ ディスプレイ解像度WXGA+(1440 x 900 ピクセル)以上を推奨
・ ディスプレイの文字サイズは既定値、または標準サイズでご使用ください

 

お問い合わせ

本キャンペーンに関しましては、「ハートランド・データ(株) 営業部」にお問い合わせください。

 ・お問い合わせフォーム: http://hldc.co.jp/contact/contactform/select-contact-item/
 ・TEL        : 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

DT10で学ぶ!組込み向け動的テスト体感セミナー作成日
2014-08-28

動的テストツールDT10のスタートアップ~基本操作を学ぶ

 
semi-pic1人1台の環境で、動的テストツールDT10を操作しながら体験できるセミナーです。「不具合解析」「動的カバレッジ計測」「パフォーマンス改善」の3つのテーマに従って、効率良くソフトウェアの課題を解決する方法を学びます。

受講対象者 ・動的テストツールの導入をご検討中のお客様
・動的テストツールを使い始めるユーザー様
参加費 無料

 

本セミナーで学べること

不具合解析

“トレースデバッグ”の手法を学ぶ
実際にプログラムを動作させ、
その実行経路を長時間のログデータ
として取得し、そこから効率的に
不具合原因を特定するための手法を学びます。

動的カバレッジ測定

“動的カバレッジ”の測定手法を学ぶ
結合テストやシステムテストなどの
実機による動的テストフェーズで、
リアルタイムにコードカバレッジ
(コード網羅率)を計測する手法を
学びます。

パフォーマンス改善

“性能評価・時間測定”の手法を学ぶ
設計通りのパフォーマンスが
出ているかを確認し、処理の
ばらつきやボトルネックを見つけ、
効率的にパフォーマンス改善を
実現する手法を学びます。

 

こんな課題をお持ちの方におススメ!
  • デバッグスキルをアップさせたい
  • 現状の開発手法に限界を感じている
  • 開発効率を飛躍的にアップしたい
  • 新たな動的テストの手法を知りたい
  • 動的テストを自社の開発に導入したい
  • グレーボックステストを導入したい

 

講座内容

プログラム1

DT10の初期設定・プロジェクトの作成 [実習]

  • 動的テストツールDT10のしくみ
  • ドライバの概要
  • プロジェクト作成
  • テストポイントの自動挿入
プログラム2

DT10でテストレポートを取得する [実習]

  • トレースログの取得と解析
プログラム3

活用シーンごとのDT10基本操作 [実習]

  • DT10の不具合解析における基本操作
  • DT10のパフォーマンス(処理時間)向上における基本操作
  • DT10の動的カバレッジ計測における基本操作

CEDEC2014 出展のご案内作成日
2014-08-26

cedec2014_logo

ハートランド・データは、2014年9月2日(火)~4日(木)に開催される、日本国内最大のゲーム開発者向け技術交流会「CEDEC 2014」に、展示とスポンサーシップセッションで参加いたします。

 

開催概要

展示会名 CEDEC2014
会期 2014年9月2日[火]~4日[木]
会場 パシフィコ横浜 会議センター
公式サイト http://cedec.cesa.or.jp/2014/

 

スポンサーシップセッション

タイトル そのテスト足りてます? 〜テスト漏れを防ぐ動的コードカバレッジという考え方〜
内容 2014年9月2日[火]~4日[木]
会場 ■テスト漏れがないことをどう証明するか?
■漏れなくテストを実行するにはどうすればよいか?

これが本セッションのメインテーマです。

ゲームのテストにおいては、
プレーヤーのアクションに応じた特定の状況でしか実行されなかったり、
それを再現するための手続きをもう一度与えることが難しいケースが多々あります。
たとえテストに明確な指示を与えることができたとしても、
テストしたいコードが確実に実行されたと確信を持つことはなかなか難しいものです。

本セッションでは、
日本工学院八王子専門学校の大圖衛玄氏に全面協力頂き、
ハートランド・データ株式会社の「動的テストツールDT-Win」を活用した、
実際のゲーム開発現場での効果的な動的コードカバレッジの計測方法をご紹介します。
また、プレイログを活用した動的テストの ”自動化” に関しても、ご覧頂く予定です。

テスト、QA(品質保証)にご興味があるみなさんの
ご参加をお待ちしております。

公式サイト http://cedec.cesa.or.jp/2014/session/ENG/13055.html
日時 9月4日(木) 13:30~14:30
場所 3F 311・312会議室

 

動的テストツールDT-Win

トテスト漏れを防ぐ!動的コードカバレッジ計測!
 
動的テストツールがWindowsアプリケーション開発に対応。
すぐに使えるカンタン導入と、非常に軽いオーバーヘッドでWindowsアプリケーションの長時間トレースを実現しました。
展示ブースでは、ゲーム開発における動的テストの実演デモを行います。
また、Unityを使ったDT-Winのデモも行いますので、ぜひご来場ください。

場所 : 3F フォワイエ

 

ハートランド・データ株式会社 営業企画部 お問い合わせ

いますぐはじめる動的テストセミナー【無料セミナー:名古屋開催】作成日
2014-05-11

~すぐに役立つ事例ばかり。開発効率を大幅にアップ!~

 

こんな方にオススメ!

ソフトウェア開発者で次のような意欲をお持ちの方

  • デバッグスキルをアップさせたい
  • 現状の開発手法に限界を感じている
  • 開発効率を飛躍的にアップしたい
  • 新たな動的テストの手法を知りたい
  • 動的テストを自社の開発に導入したい
  • グレーボックステストを導入したい
  • 他社の具体的な開発事例を知りたい

 

上記に1つでもチェックが入った方は、本セミナーにぜひお越しください。

 

講座内容

なぜ動的テストが選ばれているのか?~これがハートランド・データの動的テストツールだ~

DT10のユーザー事例を中心に、動的テストとは何か?
どのように活用され、どのような効果が出せるのか?を解説します。
〜ご紹介予定のユーザー事例〜

  • リコー 様
  • カシオ計算機 様
  • 日立製作所 様
  • JAXA(宇宙航空研究開発機構)様
  • 河村電器産業 様
  • 太陽誘電 様
不具合解析から動的カバレッジ計測まで。どのようにソフトウェアを計測するのか?

みなさんはソフトウェアを正しく計測できているでしょうか?
カバレッジ、パフォーマンス、実行経路…。
勘と経験に頼らない工学的なソフトウェア開発にシフトして、より効率的に品質を確保していかないと、エンジニアの時間がいくらあっても足りません。
今回は、実際のデモを中心として、 ”動的テスト”の技術から、効率的にソフトウェアを計測する手法を紹介します。

新ラインナップ紹介(DT-Storage、DT-Win)

DT10に新しいラインナップが追加となります。
それは、「DT-Storage」と「DT-Win」
この新しいラインナップはどのようなツールで、どのような使い方が可能なのか、デモを中心にご紹介します。

 

日時・会場

日時 2014年6月19日(木) 14:00 – 17:00(13:30受付開始)
会場 株式会社マックシステムズ  名古屋本社 セミナー室
(名古屋市中区錦1-7-2 楠本第15ビル)
http://www.macsystems.co.jp/company/com02.html
受講料 無料

 

特典

動的テストツールDT10を優先的に無料レンタル頂けます。
弊社の技術サポート、個別のプライベートトレーニング付きです。
セミナー終了後、弊社技術担当が無料で個別に相談に応じます。

ハートランド・データ株式会社 営業部 お申し込み

第17回 組込みシステム開発技術展 出展のご案内作成日
2014-04-24

ESEC

ハートランド・データは、2014年5月14日(水)~16日(金)に開催される、組込みシステム開発に必要なハードウェア・ソフトウェア・コンポーネントから開発環境までが一堂に出展する専門展「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展いたします。

 

開催概要

展示会名 第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)
会期 2014年5月14日[水]~16日[金] 10:00~18:00 [16日(金)のみ17:00終了]
会場 東京ビッグサイト 西展示棟
ブース番号 西ホール 7-2
公式サイト http://www.esec.jp/ja/

 

セッション

テーマ ソフトウェア開発を成功に導く動的テスト
内容 みなさんはソフトウェアを正しく計測できていますか?カバレッジ、パフォーマンス、実行経路…。勘と経験に頼らない工学的なソフトウェア開発にシフトし、より効率的にソフトウェアを計測する手法を紹介します。
日時 2014年5月16日[金] 15:30〜16:30
場所 公式サイトをご確認願います。

 

出展製品

動的テストツール 「DT10」

動的テストツールのパイオニアがさらに進化!
ソフトウェア開発者に最適。
不具合解析やパフォーマンス改善、カバレッジ計測
など、これ1台で汎用的に活用できます。今回は5/30リリース予
定の最新版ver10.00 を先行公開します。

 

動的テストツール「DT-Storage」

トレース機能をより強化したストレージ付き動的テストツール!
テストエンジニアに最適。
ストレージ機能を持ったトレーサーで、動的テストの
カバレッジ計測を効率的に実施できます。

 

動的テストツール「DT-Win」

5/30リリース決定!本展示会にて先行公開します。
動的テストツールがWindowsアプリケーション開発に対応。
すぐに使えるカンタン導入と、非常に軽いオーバーヘッドで、
Windowsアプリケーションの超長時間トレースを実現しました。

 

【無料】入門セミナーを開催中!

動的テストツールDT10 入門セミナー

今、ソフトウェアの開発現場では「大規模化」「短納期化」が進んでいます。しかし、ICEや
J-TAG、Printfを使った従来の手法では人海戦術に頼るしかなく、苦戦されている
企業様も多いのではないでしょうか。
本セミナーでは、最新の動的テストの手法で、どのように効率よくソフトウェアの課題を解決するのか、
動的テストツールDT10を実際に動かしながら体験して頂きます。

テーマ別に開催中!

  • 不具合解析 編
  • 動的カバレッジ 編
  • パフォーマンス向上 編

詳細はこちら(動的テストツールDT10 入門セミナー【無料】)をご覧ください。

第3回DT10活用セミナー(2014年2月28日) 開催レポート作成日
2014-04-17

ハートランド・データは、2014年2月28日(金) 秋葉原UDX GALLERY NEXT-1にて、『第3回DT10活用セミナー』を開催致しました。

 

今回のセミナーについて

本セミナーでは、動的テストツールDT10を導入して頂いたユーザー様に、もっとツールを使い倒し、最大の効果を上げて頂くため、講師の方3名をお迎えし活用事例の紹介を中心としたセミナーを開催いたしました。
また、ハートランド・データの提案からは、開発プロセスと各フェーズでの必要な作業を整理し、動的テストの基礎知識や具体的な手法、効果などをわかりやすく紹介いたしました。

セミナー会場の様子

 

講演内容

ユーザー事例紹介①

スマートグリッドエネルギー商品開発DT10適用事例
吉井 健治 氏 (太陽誘電株式会社)

 

ユーザー事例紹介②

組込みシステム研究センターでの取り組みと動的テストツールDT10
武井 千春 氏 (名古屋大学)

ユーザー事例紹介③

監視装置におけるDT10活用シーン紹介
馬渡 弘友希 氏 (河村電器産業株式会社)

ハートランドからのご提案

伝授!動的カバレッジ測定のテクニカルメソッド
新井 雅嗣 (サポート課)

“実行されたことのないコードは正常に作動しない可能性を否定できません。
品質保証のためには、動的テストを漏れなく網羅的に実行することが望ましいです。
しかし、実際のプログラムは膨大なロジックを持ち、すべてをテストし尽すことは非常に困難であるのもまた事実です。
このような課題に対して、動的テストツールDT10ではどのようにアプローチできるのか。
具体的な操作方法を交え、動的カバレッジの計測手法を紹介しました。”

チームで実践!動的テストの運用ガイドライン
落合 亮 (システム開発部)

“日々進化していくソースコードに対して動的テストをどうように運用していくべきか?
このような悩みを抱えたユーザー様は少なくないはず。
動的テストツールDT10をどのように利用すれば、より効果的にプロジェクトチームで動的テストを運用できるのか。
押さえなければいけないポイントを中心に、具体的な運用例をご紹介いたしました。”

 

懇親会

セミナー後に行われた懇親会では、お客様同士で情報の交換をされたり、クイズイベントやベストユーザー賞の発表などで盛り上がり楽しいお時間の中、終了いたしました。

次回のセミナーもただいま計画中です。
今回、都合によりご来場頂けなかったお客様には、ぜひ次回のご来場をお待ち致しております。

 

動的テストツールDT10入門セミナー 開催中!【無料】

弊社の動的テストツールDT10を利用して効率よくソフトウェアの課題を解決する方法を実習を通して学ぶことができます。

DT10導入後間もない方から、DT10の導入を検討されている方まで無料で受講いただけます。
お客様の課題に合わせて3つの講座をご用意しております。

不具合解析編
  DT10を利用した、不具合解析の手法を習得します。
パフォーマンス向上編
  DT10を利用した、パフォーマンス改善の手法を習得します。
カバレッジ計測編
  DT10を利用した、カバレッジ計測の手法を習得します。

開催日程、お申し込みはこちら▼
http://hldc.co.jp/seminar-and-event/seminar

第6回 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) レポート作成日
2014-02-03

6-Car-ele

ハートランド・データでは、2014年1月15日(水)~17日(金)に開催された、カーエレクトロニクスに特化したアジア最大級の専門技術展「カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)」に出展いたしました。

 

ハートランド・データ ブース

ハートランド・データブースでは、『動的テストツールDT10』をはじめ、新製品『DT-Storage』『DT-Win』をご紹介しました。また、ソリューションからはWi-Fi Display Solution『WFD Sink』を紹介しました。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

動的テストツールDT10入門セミナー 開催中!【無料】

本セミナーでは、弊社の動的テストツールDT10を利用して効率よくソフトウェアの課題を解決する方法を実習を通して学ぶことができます。

DT10導入後間もない方から、DT10の導入を検討されている方まで無料で受講いただけます。
お客様の課題に合わせて3つの講座をご用意しております。

  • 不具合解析編
      DT10を利用した、不具合解析の手法を習得します。
  • パフォーマンス向上編
      DT10を利用した、パフォーマンス改善の手法を習得します。
  • カバレッジ計測編
      DT10を利用した、カバレッジ計測の手法を習得します。

 

開催日程、お申し込みはこちら▼
http://hldc.co.jp/seminar-and-event/seminar

第6回 国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) 出展のご案内作成日
2014-01-06

6-Car-ele

ハートランド・データは、2014年1月15日(水)~17日(金)に開催されるカーエレクトロニクスに特化したアジア最大級の専門技術展「カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)」に出展いたします。

 

開催概要

展示会名 第6回 国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)
展示会会期 2014年1月15日[水]~17日[金] 10:00~18:00 (最終日17:00終了)
会場 東京ビッグサイト
ブース番号 西ホール 3-21
公式サイト http://www.car-ele.jp

 

出展製品

動的テストツール 「DT10」

ソフトウェア開発者に最適。
不具合解析やパフォーマンス改善、カバレッジ計測
など、これ1台で汎用的に活用できます。

 

動的テストツール「DT-Storage」

テストエンジニアに最適。
ストレージ機能を持ったトレーサーで、動的テストの
カバレッジ計測を効率的に実施できます。

 

動的テストツール「DT-Win」

【参考出展】
動的テストツールがWindowsアプリケーション開発に対応。
少ないオーバーヘッドで長時間トレースが可能になります。

 

Wi-Fi Display Sink ソリューション 「WFD Sink」

・Miracast準拠。スマホ/タブレット画面をミラーリングできます。
・UIBC、HDCPにも対応。スマホコンテンツも再生できます。

 

ハートランド・データ株式会社 営業企画部 お問い合わせ

いますぐはじめる動的テストセミナー(2013年12月5日) 開催レポート作成日
2013-12-17

ハートランド・データは、2013年12月5日(木) 秋葉原UDX UDX GALLERY NEXT-1にて、『いますぐ始める動的テストセミナー』を開催致しました。

 

今回のセミナーについて

最近、”動的テスト”とよく聞きますが、具体的にどのような手法なのか、何からはじめればよいのか、実際にどのような効果が得られるのか、など、疑問や不安をお持ちのお客様も少なくないようです。
本セミナーでは、開発プロセスと各フェーズでの必要な作業を整理し、動的テストの基礎知識や具体的な手法、効果などをわかりやすく紹介いたしました。

 

講演内容

なぜ各社は “動的テストツール” にたどりつくのか?~動的テストツールの活用事例とその効果~
発売開始から4年が経過し、着実にユーザー数が増えている動的テストツールDT10。
ユーザーは、どんな課題を抱え、何を解決するために導入し、具体的にどのような効果をあげているのか?をJaxa様、リコー様、カシオ計算機様、日立製作所様の事例をベースに解説いたしました。

 

他社はもう実践している!”動的テストツール”のスマート活用術
~不具合解析からパフォーマンス改善、カバレッジの測定まで完全網羅~

みなさんはソフトウェアを正しく計測できていますでしょうか?
カバレッジ、パフォーマンス、実行経路…。勘と経験に頼らない工学的なソフトウェア開発にシフトして、より効率的に品質を確保していかないと、エンジニアの時間がいくらあっても足りません。
今回は、実際のデモを中心として、”動的テスト”の技術から、効率的にソフトウェアを計測する手法を紹介いたしました。

 

動的テストツール これからの展望
ますます進化を続けているハートランドの動的テストツールですが、
そのラインナップに「DT-Storage」と「DT-Win」が新たに加わります。
動的テストツールのこれからの展望を、DT10のロードマップを交えて紹介いたしました。

 

動的テストツールの紹介はこちら

http://hldc.co.jp/products/development-support-tools

No | タイトル | 区分 | 作成日