会社案内

会社沿革

company history 2009年~現在
  • 2009年(平成21年)
  • 動的テストツールDT10を開発、販売開始
  • 2010年(平成22年)
  • インターネットラジオソリューション(NETRO)を開発、販売開始

    Wi-Fi ネットワークソリューション(NETRO2)を開発、販売開始

  • 2011年(平成23年)
  • 通信ラインモニター DataCatcher3を開発、販売開始
  • 2013年(平成25年)
  • Wi-Fi Display Sink ソリューション(WFD Sink)を開発、販売開始
  • 2014年(平成26年)
  • 動的テストツールDT-Storageを開発、販売開始

    動的テストツールDT-Winを開発、販売開始

  • 2016年(平成28年)
  • 動的テストツールDT10 Automotive Edition を開発、販売開始

    動的テストツール「DT10 Automotive Edition」Ver.11.1.0 が機能安全規格「ISO 26262」のツール認証を取得

    ワイヤレス・インテリジェント・プラットホーム(Wip)を開発、販売開始

  • 2017年(平成29年)
  • 動的テストツール「DT10 Automotive Edition」Ver.12.0.0 が機能安全規格「ISO 26262」のツール認証を取得

company history 2000年~2008年
  • 2003年(平成15年)
  • Internet Audio ソリューション (Jennifer-1)を開発、販売開始
  • 2004年(平成16年)
  • HDD Audio ソリューション (Jennifer-2)を開発、販売開始

    All-in-one Multi Media Audio ソリューション(Audin)を開発、販売開始

    Audio & Video ソリューション (Visteria)を開発、販売開始

  • 2005年(平成17年)
  • High Speed Encoder IA ソリューション (Jennifer-3)を開発、販売開始

    ワンセグソリューション を開発、販売開始

  • 2006年(平成18年)
  • High Speed Encoder IA ソリューション(Jennifer-4)を開発、販売開始
  • 2007年(平成19年)
  • Multi Media AV Player ソリューション(Jennifer-5)を開発、販売開始
  • 2008年(平成20年)
  • 株式会社ワイズマンの100%子会社となる

    ハイスピード通信ラインモニターDataCatcher NEXTを開発、販売開始

    栃木県足利市福居町に本社社屋を建設し移転

company history 1982年~1999年
  • 1982年(昭和57年)
  • 栃木県足利市大沼田町に「足利電子工業株式会社」を設立
  • 1983年(昭和58年)
  • 生産技術部門・設計業務開始
  • 1984年(昭和59年)
  • 栃木県足利市今福町に本社を移転

    IC、LSI検査部門一括受託生産開始

  • 1985年(昭和60年)
  • SIP型ACオートハンドラー開発、納入
  • 1986年(昭和61年)
  • 4bitマイコン応用開発部門業務開始
  • 1987年(昭和62年)
  • FA部門(ソフト開発、機械設計、電気設計)業務開始

    栃木県足利市田所町に本社を建設し、設計部門を移転

  • 1988年(昭和63年)
  • FA用ロボット自動制御ソフトウェア一括受注
  • 1989年(平成元年)
  • 画像処理分野への進出
  • 1992年(平成 4年)
  • 資本金を300万円より1,200万円に増資
  • 1995年(平成 7年)
  • 「ハートランド・データ株式会社」に社名変更 資本金を3,200万円に増資
  • 1999年(平成11年)
  • 通信ラインモニター DataCatcher DC2000開発、販売開始