製品情報

通信ラインモニターDataCatcher3

DataCatcher3は、複数の通信プロトコルを一台でカバーするラインモニターです。通信コマンドの内容をテキスト表示することができるので、開発効率が格段にアップします。
また、DynamicTracerのプラットフォームを使用することにより、拡張性があるシステム構成になっています。

対応プロトコル

3線式シリアル通信/UART(RS-232C)/I2C/16Bit パラレル通信

製品の特長

こんな方にオススメです!!

組込みシステムのソフト開発者

  • 通信データのコマンド内容のテキスト表示、特定のデータ検出ができます。
  • 通信全体の処理の流れを簡単に確認できるので、デバッグ作業を軽減できます。

組込みシステムの評価担当者

  • 不具合発見時のログデータは、ピンポイントの不具合指摘に使えます。

組込みシステムのハードウェア開発者

  • 波形でなく数値やテキストで表示されるログデータは、ソフト開発者との意思統一に使えます。
“DC3を使用することにより、
 周辺LSIやCPU間の通信におけるデバッグ作業の負荷を大幅に軽減する事ができます。”

主な機能

  • これ1台で複数の通信プロトコルに対応。
  • 通信データ(複数ICを制御する通信データもキャッチ可能)をパケットとしてくぎり、1件ずつ表示。
  • 通信データをユーザー定義の文字列として分かりやすく表示。
  • キャッチしたデータをリアルタイムで表示。
  • 取得した通信データはファイルへの保存、プリントアウトも可能。
  • パソコンとはUSB接続。
  • キャッチできる最大周波数は、20MHz。
  • UART通信では、100~1000000bpsまでの任意のボーレートのデータ取得が可能。