製品情報

ホワイトペーパーダウンロード

動的テストツールの技術資料をダウンロードいただけます。

知っておきたいMC/DCの計測アルゴリズム

 - ISO 26262規格で求められるMC/DCの概要 -

MC/DC(Modified Condition/Decision Coverage)は、ISO 26262規格において、極めて高い品質保証を求められるテストに用いられるカバレッジです。広く知られている「ステートメントカバレッジ」「ブランチカバレッジ」といったカバレッジ基準に比べて、考え方が少し難しいMC/DCの計測アルゴリズムについて、具体例とあわせて解説します。

機能安全規格準拠の統合テスト手法のご提案

 - ISO 26262に対応した動的テストツールDT10 Automotive Edition -

日増しに高まってきている機能安全規格準拠の製品開発。規格では何を求められているのか?どのようにソフトウェア開発を進めればよいのか?今一つ咀嚼できていないソフトウェア開発者が多いのが現状です。
ISO 26262規格準拠のソフトウェア開発における開発者の課題解決、及びISO 26262で推奨される実機動的テストにおいて、「DT10 Automotive Edition」で実現可能となる規格準拠の統合テスト手法を解説します。

CI環境における動的テストの適応

 - Jenkinsを使った動的テスト自動化の施策例 -

「膨大になるテストをどのように効率良く消化するか?」
ソフトウェア開発現場における喫緊の課題を、テスト自動化により、テスト時間や品質を確保する事例が増えています。
継続的インテグレーション(CI)の支援ツールとして代表的な「Jenkins」を採用し、結合テストを繰り返し自動実行をして、
反復作業を省力化する。問題の早期発見・素早くこまめな修正により、テストの効率化を図るケースが多く見られます。
そのようなCI環境に対して、実機による動的テストで時間計測やカバレッジ計測ができる「動的テストツール DT10」を
どのように適応させて、どのような成果が得られるのかを解説します。

組込み機器における消費電流の見える化の実践

 -動的テストツールDT10のAnalogBoxを使った電流計測方法-

小型化・高速化を要求される組込み機器開発において、省電力化を図るソフトウェアエンジニアには、
ソフトウェア処理と消費電流の関係を容易に把握できる計測環境が必要であると考えます。
本ホワイトペーパーでは、DT10のAnalogBoxを使った新しい電流計測方法を解説します。

CANバスを使用したソフトウェアの計測

 -CANバスを使用しカバレッジ及びパフォーマンスの計測を実施する方法-

動的テストツールDT10を使用することで、ユーザは実際にソフトウェアが動作しているときのカバレッジやパフォーマンスの計測を容易に行うことができます。
本ホワイトペーパーでは、CANバスを使用したカバレッジやパフォーマンスの計測方法を解説します。