セミナー・イベント

イベント情報

第 1 回 自動運転 EXPO 出展のご案内作成日
2017-12-01

ハートランド・データは、2018年01月17日(水)~19日(木)に開催される『第 1 回 自動運転 EXPO』に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

HLDC出展|第 1 回 自動運転 EXPO 出展

展示会名 第 1 回 自動運転 EXPO
会期 2018年01月17日(水)~19日(金)
10:00~18:00 (最終日のみ17時まで)
会場 東京ビッグサイト
小間番号 E53-20
主催 リード エグジビション ジャパン 株式会社

世界最大の自動車技術展である「オートモーティブ ワールド」に、自動運転の専門展がついに誕生!
本展には、自動運転・ADASに必要なセンサ、レーダー、AI・半導体、ダイナミックマップなどが一堂に出展。自動運転のセミナーも同時開催し、自動運転技術の情報集積地になります。

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
自動運転 EXPO にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■『ソースコード構造解析機能』搭載の最新版 DT10 Automotive

機能安全規格(ISO 26262)の認証取得済みエディッションの最新版のデモ
ソースコード構造解析機能で関数の呼び出し関係などをわかりやすくツリー表示
MC/DC解析のための真理値表を自動で生成
 

■ついにバージョンアップ!動的テストツールのパイオニア DT10の最新版

・ソフトウェアの実行経路情報を比較できる『DT-TREx』のデモ
・〜連携から連動へ〜 さらに進化した動的テストの自動化デモ
・ついに正式公開…プラグイン『DT-Dashboard』
 

■開発プロセスへの適用もサービスで後押し

・ISO 26262やIEC 61508の機能安全規格に対応
効率的なテストの実施を支援するサービスのご提案

 
第 1 回 自動運転 EXPO の会場図

※画像をクリックすると、会場の全体図が表示されます。

出展製品

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
動的テストツール「DT10」は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツールです。
DT10は、特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリースビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法のご提案です。
 

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第5回 自動車機能安全カンファレンス 出展のご案内作成日
2017-11-13

ハートランド・データは、2017年12月5日(火)~6日(水)に開催される『 第5回 自動車機能安全カンファレンス 』に出展します。

開催概要

イベント名 第5回 自動車機能安全カンファレンス
自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線
会期 2017年12月5日(火)~6日(水)
会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
主催 株式会社インプレス

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、及び自動運転技術開発の促進を図ることを目的として、2017年12月5日(火)、6日(水)御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京、御茶ノ水)にて「第5回 自動車機能安全カンファレンス」を開催いたします。
本カンファレンスは今年で第5回目を数え、昨年に続き、「自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線」というテーマのもと当業界のエキスパートの方々に御登壇を御願いし、様々な視点から機能安全とセキュリティに関する知見、事例を紹介していただきます。

セミナー

タイトル 機能安全のためのソフトウェアテストの課題とテスト効率化手法
〜見えない品質を作るために、いかにテスト効率を上げるか〜
内容 機能安全対応に伴い、ソフトウェア開発現場では様々な課題に直面している。そもそも、規格で要求されているカバレッジ計測はどうして大変なのか。にも関わらず大切な理由は何なのか?これらの課題を解決するために、実際のソフトウェア開発現場から、ハートランド・データが考える具体的なテスト効率化手法をご紹介する。
日時 公式サイトをご覧ください
会場 公式サイトをご覧ください

展示会 出展製品

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズでのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

DiET
「DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET」は、D10 Automotiveエディッションを使用し、機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るためのサービスです。
 

dt10
動的テストツール「DT10」は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツールです。
DT10は、特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴です。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリースビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法のご提案です。
 

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

Embedded Technology 2017 (ET2017) 出展のご案内作成日
2017-10-01

ハートランド・データは、2017年11月15日(水)~17日(金)に開催される『Embedded Technology 2017 (ET2017) 』に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

HLDC出展|Embedded Technology 2017 (ET2017) 出展

会期 2017年11月15日(水)〜 17日(金)
10:00~17:00
会場 パシフィコ横浜
小間番号 A-07
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会

すべての人・モノ・コトがつながるIoT時代を迎えた今、組込み技術の重要性と将来への期待は、ますます高まっています。
進化する組込みの先進技術が集まるEmbedded Technology。
“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology。
これからの成長分野を支えていく重要な技術にフォーカスした、ET展と新設のIoT Technology展を同時開催することで、自動車、医療、インフラ等、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションを提案する場とし、シナジー効果を創出します。

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズ、及び最新ソリューションの展示を行います。
また、ブース内のステージにおいて、動的テストをテーマにミニプレゼンテーションを行います。
ET にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■『ソースコード構造解析機能』搭載の最新版 DT10 Automotive

機能安全規格(ISO 26262)の認証取得済みエディッションの最新版のデモ
ソースコード構造解析機能で関数の呼び出し関係などをわかりやすくツリー表示
MC/DC解析のための真理値表を自動で生成
 

■ついにバージョンアップ!動的テストツールのパイオニア DT10の最新版

・ソフトウェアの実行経路情報を比較できる『DT-TREx』のデモ
・〜連携から連動へ〜 さらに進化した動的テストの自動化デモ
・ついに正式公開…プラグイン『DT-Dashboard』

 

■FAや医療機器開発に最適な最新版DT-Win

Windowsアプリケーション開発を強力にサポート
・複雑なシーケンス処理の見える化動的メモリリーク解析のデモ
 

■開発プロセスへの適用もサービスで後押し

機能安全に対応
効率的なテストの実施を支援するサービスのご提案

 
Embedded Technology 2017 (ET2017) の会場図

※画像をクリックすると、会場の全体図が表示されます。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive

機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。ETでは、MC/DCのカバレッジ解析機能などの新機能をご紹介。
規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

dt10

DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、この秋リリースされたばかりの最新版DT10を使った品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。

機能安全対応を後押しするサービス

DT10AE プロジェクト適用サービス

効率的なテスト実施を支援するサービス。
機能安全における確実なテスト実施とカバレッジ計測、そして更なるテスト効率化を図るために、テストフェーズで効果を発揮する動的テストツール「DT10 Automotive Edition」を使用して、効率よくテストするための方法を提案します。

ブース内プレゼンテーション

“10分で理解が深まる” をコンセプトに、ブース内プレゼンテーションを行います。
気軽に、動的テストの最新情報や業界動向が得られるミニプレゼンテーションです。

■えっ!? 動的テストで MC/DC?
 ソースコードの構造解析とカバレッジ計測

機能安全認証ツール DT10 Automotive
 

■新サービス始動!
 機能安全 認証取得に向けた 新しいテスト効率化手法

DT10AE プロジェクト適用サービス DiET (ダイエット)
 

■すぐできる!
 動的テストの自動化 その事例と効果とは?

テスト自動化環境構築サービス
 

■他とは違う! 90%の開発工数削減事例も。
 ハートランド・データが選ばれ続ける理由とは?

動的テストツール DTシリーズ

※内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

カンファレンス

こちらのセミナーは無料で聴講できます!!
会場の座席には限りがございます。定数になり次第締め切りになりますので、お早目にご登録ください。

タイトル リグレッションテストにおけるノウハウとテスト自動化
〜ソースコードを変更した時、テストはどの範囲まで実施すべきか?〜
内容 ソースコードを変更したら、すべてのテストケースを最初からやり直すのが理想。
でも限られた開発期間ではそうも言ってられない。
ツールを使用することで、カバレッジ計測やパフォーマンスの測定をすることはできるが、結局すべてを実施することは、十分な工数が確保されていない限り難しい。

そこで、本セッションでは、特に開発終盤でこそ実施したいコード変更後のリグレッションテストにおいて、
変更による影響範囲を絞り込み、その影響範囲を対象に効率的にテストを実施するためのノウハウをご紹介する。

セッションNo. DVT-4
日時 2017年11月17日(金) 13:00〜13:45
場所 展示会場内 セミナー会場B

※聴講には事前登録が必要です。

事前アポイント

本展示会は大規模な展示会です。お時間を有効に使っていただくためにも、事前アポイントをおススメいたします。
下のバナーをクリックして「お問い合わせフォーム」よりご来場予定の日時をご連絡ください。担当者より折り返しご連絡申し上げます。

お申し込み特典

・お申し込みいただいた方全員に、500円分のギフトカードをプレゼント!

※アポイントは先着順とさせていただきます。ご希望の日時に先約がある場合は、誠に恐縮ですが別の日時をご案内させていただきます。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

メディカルクリエーションふくしま2017 出展のご案内作成日
2017-08-31

ハートランド・データは、2017年10月25日(水)~26日(木)に開催される『メディカルクリエーションふくしま2017 』に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

展示会名 メディカルクリエーションふくしま2017
会期 2017年10月25日(水)~26日(木)
10:00~17:00(26日は16:00まで)
会場 ビッグパレットふくしま
小間番号 Q – 2
主催 メディカルクリエーションふくしま実行委員会

福島県では、平成17年度から、異分野製造業の高い技術力に着目し、これらの医療機器分野への新規参入促進を目指して「うつくしま次世代医療産業集積プロジェクト」を実施してまいりました。震災後は、新たな時代をリードする新産業の創出として復興計画重点プロジェクトの1つに同産業の一層の集積を掲げ、取組みを進めています。これらの取組みの1つが、医療機器設計・製造展示会&最新技術セミナー「メディカルクリエーションふくしま」です。

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
メディカルクリエーションふくしま2017 にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■画像解析処理のパフォーマンス改善に効果的

・ 医療機器開発において重要となる処理速度。動的テストツールは、機能仕様から見た様々な
 動作におけるパフォーマンスの測定が可能。関数の実行時間や周期時間(最大・最小・平均など)、
  二点間の処理時間、プロセスの占有率を一気に解析することができるので、
  画像解析処理のボトルネックや設計値を外れた処理をかんたんに発見できます。
 

■テスト自動化で効率的に品質を改善

CI(継続的インテグレーション)のためのJenkinsを活用した動的テストの自動化を実現
 さらに、Windowsアプリの動的メモリリーク解析が、リリースビルドで可能となります。

メディカルクリエーションふくしま2017 会場図

※クリックすると、会場の全体図が表示されます。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt10

動的テストツール「DT10」は、実際に実行されているプログラムの挙動を把握・解析するためのツールです。
DT10は、特に組込みソフトウェア開発に特化しており、高い汎用性が特徴。医療分野でも活躍しております。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。
 
 

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

組込み総合技術展 関西 (Embedded Technology West 2017) 出展のご案内作成日
2017-06-11

ハートランド・データは、2017年7月12日(水)~13日(木)に開催される『組込み総合技術展 関西 (Embedded Technology West 2017) 』に出展します。
最新の動的テストツールを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

HLDC出展|組込み総合技術展 関西 (Embedded Technology West 2017) 出展のご案内

ETは「組込みシステム技術」に特化した世界最大級のイベント。
多くの注目企業による最新技術やソリューション展示、旬の技術テーマを中心とした多彩なカンファレンスを通じて、最先端の「組込み技術」を発信いたします。

会期 2017年7月12日(水)~13日(木)
10:00~17:00
会場 グランフロント大阪内 コングレコンベンションセンター
小間番号 JA-13 (JASAパビリオン内)
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズの展示を行います。
ET West にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■車載ソフトウェア開発

機能安全規格(ISO 26262)の認証取得済みの動的テストツール DT10 Automotive
 MC/DCのカバレッジ解析機能や、コールカバレッジなど豊富なカバレッジ機能を搭載。
 

■高機能デバッグ

複数CPUの実行経路を同時にトレースし、複雑なシーケンス処理も見える化する Multi-Tracer

Embedded Technology West 2017_会場図

※画像をクリックすると拡大します。

出展製品

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262) で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。MC/DCのカバレッジやコールカバレッジなど豊富な解析機能を搭載。規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

dt10
DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、DT10とハードウェアオプション「 Multi-Tracer」を使った複数CPUのトレースのデモなど、品質向上のためのご提案をいたします。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展のご案内作成日
2017-04-05

ハートランド・データは、2017年5月10日(水)~12日(金)に開催される『第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC)』に出展します。
動的テストツールやIoT機器向けプラットフォームなどを、デモを交えてご紹介いたします!

開催概要

HLDC出展|第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展のご案内

組込みシステム開発技術展(ESEC)は、組込みシステム開発に必要なハードウェア・ソフトウェア・コンポーネントから開発環境までが一堂に出展する専門展です。
毎年多数の企業のシステム設計者・開発者・応用技術者、ハードウェアおよびソフトウェアの設計者・開発者・応用技術者が来場し、出展企業と活発な商談・受注を行っています。

会期 2017年5月10日(水)~12日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
会場 東京ビッグサイト
小間番号 西4-68
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、動的テストツールDTシリーズ、及び最新ソリューションの展示を行います。
また、ブース内のステージにおいて、動的テストをテーマにミニプレゼンテーションを行います。
ESEC にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■車載ソフトウェア開発ゾーン

機能安全規格(ISO 26262)の認証取得済みの動的テストツール DT10 Automotive
 最新版リリースに先駆けて、MC/DCのカバレッジ解析機能やその他テストを強力にサポートする新機能をご紹介
 

■テスト自動化ゾーン

CI(継続的インテグレーション)のためのJenkinsを活用した動的テストの自動化デモ
・Windowsアプリの動的メモリリーク解析
 

■高機能デバッグゾーン

省電力化のための電流測定とソフトウェアチューニング
複数CPUの実行経路を同時にトレースし、複雑なシーケンス処理も見える化
 

■ソリューションゾーン

・簡単に最適なIoT機器ネットワークを構築できるワイヤレスプラットフォーム

 
第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展のご案内

※画像をクリックすると拡大します。

出展製品

ソフトウェアの動きを見える化!動的テストツールDTシリーズ

dt-automotive

機能安全規格(ISO 26262)で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築する D10 Automotiveエディッション。ESECでは、その最新版リリースに先駆けて、MC/DCのカバレッジ解析機能などの新機能をご紹介いたします。
規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案をいたします。

dt10

DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。展示ブースでは、DT10を使った電流計測複数CPUのトレースなど、品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリース ビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法をご提案いたします。

IoT機器向けワイヤレスプラットフォーム

「Wip」は既存のネットワーク、アクセスポイントに依存することなく、機器間で自動的に独立したネットワークを構築します。
ネットワークの専門知識を持つエキスパートでなくても、誰でも簡単に最適なIoT機器ネットワークを構築でき、データを安定的にエッジデバイスに届ける「Wip」の活用事例などをデモを通じてご提案いたします。

ブース内プレゼンテーション

“10分で理解が深まる” をコンセプトに、ブース内プレゼンテーションを行います。
気軽に、動的テストの最新情報や業界動向が得られるミニプレゼンテーションです。

■最新バージョンリリース!動的テストでMC/DCのカバレッジ計測
 機能安全認証ツール DT10 Automotive
■影響範囲の特定からテストの進捗管理まで
 テストマネジメントに最適!新機能テストダッシュボード
テスト自動化がすぐできる!
 動的テストのノウハウとサービスでフルサポート 自動化環境構築サービス
■他とは違う ハートランド・データが選ばれ続ける理由とは?
 動的テストツールDTシリーズ

※内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

事前アポイント

組込み技術 開発技術展は大規模な展示会です。お時間を有効に使っていただくためにも、事前アポイントをおススメいたします。
下のバナーをクリックして「お問い合わせフォーム」よりご来場予定の日時をご連絡ください。担当者より折り返しご連絡申し上げます。

お申し込み特典

・お申し込みいただいた方全員に、500円分のギフトカードをプレゼント!

※アポイントは先着順とさせていただきます。ご希望の日時に先約がある場合は、誠に恐縮ですが別の日時をご案内させていただきます。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

動的テストツール オンライン相談会 ~技術サポートがアプリ活用のお悩みを解決します!~作成日
2017-01-16

動的テストツール オンライン相談会

~気軽に相談。アプリ活用のお悩みをズバッと解決します!~

2月8日(水) 16:00~17:00 開催

昨年、動的テストツール「DT」シリーズの導入社数は550社を突破しました。
様々な活用方法がある「DT」シリーズ。
技術サポートへのお問い合わせの中でも、アプリケーションの活用方法に関するお問い合わせが増えてきております。
そこで、ハートランド・データでは、オンラインでのグループ相談会の開催を決定いたしました!
オンライン相談会では、弊社技術サポートのメンバーが、お困りの課題や疑問点にお答えいたします。

開催概要

イベント名 動的テストツール オンライン相談会
~技術サポートがアプリ活用のお悩みを解決します!~
開催日時 2017年2月8日(水) 16:00~17:00
形式 ・オンライン(WEB会議システム使用)
・チャットでのディスカッション形式
参加費 無料
対象者 動的テストツールのユーザー様
特に 有効に活用をしたい方、成果を上げたい方
イベント詳細 WEB会議室システムを使用しオンラインで、ご相談内容にご回答いたします。
また、当日にチャット機能を使用しご質問いただくことが可能です。
※お客様の顔や声は届きませんのでご安心ください。

■ご相談の流れ
①オンライン相談会のお申し込み
 ※お申し込み時に、相談内容を事前に記入いただきます。
②相談会当日、事前にご連絡いただいた内容について回答します。
③追加でご質問がある場合は、チャット機能を使用して質問いただくことで、
 その場でリアルタイムに回答します。

ご相談内容は、動的テストツール「DT」シリーズのアプリケーション活用に関することを全般的に承ります。
是非お気軽にお申し込みください。

※ご注意事項
ご相談内容、およびチャットの内容はセミナー参加者に共有させていただきます。

相談例 ・収集したテストレポートを複数の環境で共有して解析したい。
・取得した変数が仕様の範囲内か確認したい。
・関数遷移スコープの見方を詳しく教えて欲しい。
・ファイル書き出し接続時でもワンタイムトレースでレポートを取得したい。
・ライセンス更新時のC2Vファイルの作り方を教えて欲しい。

第1回 【関西】組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展のご案内作成日
2017-01-16

ハートランド・データは、2017年2月15日(水)~17日(金)に開催される『第1回 【関西】組込みシステム開発技術展(ESEC)』に出展します。
動的テストツールの活用方法などをデモを交えてご紹介いたします!

開催概要

HLDC出展|第1回 【関西】組込みシステム開発技術展(ESEC) 出展のご案内

【関西】組込みシステム開発技術展(ESEC)は、組込みシステム開発に必要なハードウェア・ソフトウェア・コンポーネントから開発環境までが一堂に出展する専門展です。
毎年多数の企業のシステム設計者・開発者・応用技術者、ハードウェアおよびソフトウェアの設計者・開発者・応用技術者が来場し、出展企業と活発な商談・受注を行っています。

会期 2017年2月15日(水)~17日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
会場 インテックス大阪
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、最新の動的テストツールの展示を行います。
また、ブース内のステージにおいて、毎日ミニプレゼンテーションを行います。
関西ESEC にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■車載ソフトウェア開発ゾーン

機能安全規格(ISO 26262)認証を取得したAutomotiveエディッション
CAN FD対応!CANバスを使用したソフトウェアの計測(カバレッジ計測、パフォーマンス測定)
Linuxでの動的テストがさらに進化。高速ドライバでさらに活用の幅が向上。
 

■テスト自動化ゾーン

CI(継続的インテグレーション)のためのJenkinsを活用した動的テストの自動化デモ
・Windowsアプリの動的メモリリーク解析
 

■高機能デバッグゾーン

省電力化のための電流測定とソフトウェアチューニング

 
ESEC-WEST_会場図

※クリックすると、会場の全体図が表示されます。

出展製品

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)のための開発プロセスに最適なエディッション。それがAutomotiveエディッション。規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案です。

dt10
DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、DT10を使った電流計測やテスト自動化など、品質向上のためのご提案をいたします。

dt-storage
テスト対象の複数台のターゲット機器から効率的にテスト結果を収集できるテストエンジニア向けの動的テストツールです。
アウトソーシングにおけるテスト手法の標準化をご提案いたします。

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリースビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法のご提案です。
 

ブース内プレゼンテーション

“10分で理解が深まる” をコンセプトに、「動的テスト」「機能安全」「テスト自動化」「Linux」
などに関するブース内プレゼンテーションを行います。
気軽に業界動向や基礎知識が学べるミニプレゼンテーションです。

■ついにツール認証取得!機能安全で求められる統合テストとカバレッジ計測
■事例に学ぶ! テスト自動化の実践と成功の秘訣
■導入企業500社突破!実績で見る動的テストの最新トレンド
Linux動的解析メソッド 〜アプリからカーネル、デバドラまで〜

※内容は予告なく変更となることもあります。予めご了承ください。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

第9回 国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) 出展のご案内作成日
2016-12-18

ハートランド・データは、2017年 01月18日(水)~20日(金) に開催される【 第9回 国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) 】に出展します。

開催概要

HLDC出展|国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) 出展のご案内

カーエレクトロニクスの進化を支える半導体・電子部材、ソフトウェア、テスティング技術などが一堂に出展する本分野 世界最大の専門展。
自動車メーカー・自動車部品メーカーにとって新技術発掘・課題解決の絶好の場 となっております。

会期 2017年 01月18日(水)~20日(金)
10:00~18:00 (最終日のみ17時まで)
会場 東京ビッグサイト
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、最新の動的テストツールの展示を行います。
カーエレJAPAN にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■車載ソフトウェア開発

機能安全規格(ISO 26262)の認証を取得したAutomotiveエディッション
CAN FD対応!CANバスを使用したソフトウェアの計測(カバレッジ計測、パフォーマンス測定)
Linuxでの動的テストがさらに進化。高速ドライバでさらに活用の幅が向上。
 

■テスト自動化

CI(継続的インテグレーション)のためのJenkinsを活用した動的テストの自動化デモ
・Windowsアプリの動的メモリリーク解析
 

■高機能デバッグ

省電力化のための電流測定とソフトウェアチューニング

 
第9回 国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) 会場図

※クリックすると、会場の全体図が表示されます。

出展製品

dt-automotive

機能安全規格(ISO 26262)のための開発プロセスに最適なエディッション。それがAutomotiveエディッション。規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案です。

dt10

DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、DT10を使った電流計測やテスト自動化など、品質向上のためのご提案をいたします。

dt-win

Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリースビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法のご提案です。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

Embedded Technology 2016 (ET2016) 出展のご案内作成日
2016-10-07

ハートランド・データは、2016年11月16日(水)~18日(金)に開催される【Embedded Technology 2016 (ET2016) 】に出展します。
動的テストツールの活用方法などをデモを交えてご紹介いたします!

開催概要

HLDC出展|Embedded Technology 2016 (ET2016)

ETは「組込みシステム技術」に特化した世界最大級のイベント。
多くの注目企業による最新技術やソリューション展示、旬の技術テーマを中心とした多彩なカンファレンスを通じて、最先端の「組込み技術」を発信いたします。

会期 2016年 11月16日(水)~18日(金)
10:00~17:00
会場 パシフィコ横浜
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会

今回の見どころ

ハートランド・データ ブースでは、最新の動的テストツールの展示を行います。
また、ブース内のステージにおいて、毎日ミニプレゼンテーションを行います。
ET にご来場の際は、ぜひハートランド・データ ブースへお立ち寄りください。

■車載ソフトウェア開発ゾーン

機能安全規格(ISO 26262)の認証を取得したAutomotiveエディッション
CAN FD対応!CANバスを使用したソフトウェアの計測(カバレッジ計測、パフォーマンス測定)
Linuxでの動的テストがさらに進化。高速ドライバでさらに活用の幅が向上。
 

■テスト自動化ゾーン

CI(継続的インテグレーション)のためのJenkinsを活用した動的テストの自動化デモ
・Windowsアプリの動的メモリリーク解析
 

■高機能デバッグゾーン

省電力化のための電流測定とソフトウェアチューニング

 
ハートランド・データ ET2016 会場図

※クリックすると、会場の全体図が表示されます。

出展製品

dt-automotive
機能安全規格(ISO 26262)のための開発プロセスに最適なエディッション。それがAutomotiveエディッション。規格が求める統合テストフェーズ でのカバレッジ計測に対応するためのご提案です。

 

dt10
DT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、DT10を使った電流計測やテスト自動化など、品質向上のためのご提案をいたします。

 

dt-storage
テスト対象の複数台のターゲット機器から効率的にテスト結果を収集できる
テストエンジニア向けの動的テストツールです。
アウトソーシングにおけるテスト手法の標準化をご提案いたします。

 

dt-win
Windowsアプリ開発用動的テストツール。 リリースビルドでの動的メモリリーク解析に対応。Windowsアプリの開発スピードを最大化するテスト手法のご提案です。

 

ブース内プレゼンテーション

“10分で理解が深まる” をコンセプトに、「動的テスト」「機能安全」「テスト自動化」「Linux」
などに関するブース内プレゼンテーションを行います。
気軽に業界動向や基礎知識が学べるミニプレゼンテーションです。

■ついにツール認証取得!機能安全で求められる統合テストとカバレッジ計測
■事例に学ぶ! テスト自動化の実践と成功の秘訣
■導入企業500社突破!実績で見る動的テストの最新トレンド
Linux動的解析メソッド 〜アプリからカーネル、デバドラまで〜

※内容は予告なく変更となることもあります。予めご了承ください。

カンファレンス

こちらのセミナーは無料で聴講できます!!
会場の座席には限りがございます。定数になり次第締め切りになりますので、お早目にご登録ください。

タイトル 実機でここまできた!これからの機能安全で求められる新しい統合テスト
〜コードカバレッジは何のために測定するのか?〜
内容 機能安全規格「ISO 26262」への対応が自動車産業で必須となった今、ソフトウェア開発現場では様々な課題に直面している。そもそも、規格で要求されているカバレッジ計測の目的は何なのか?なぜ必要なのか?本セッションでは、「統合テスト」「実機環境」「動的テスト」をキーワードに、ソフトウェアコンポーネントの構造化設計、統合テストにおけるターゲット環境とテストケース、カバレッジ計測で陥りやすいミスに言及し、カバレッジ計測の真の目的を解説する。
セッションNo. DVT-6
日時 2016年11月17日(木) 14:00~14:45
場所 公式サイトをご確認願います。

※聴講には事前登録が必要です。

お問い合わせ

本イベントに関しましては、以下からお問い合わせください。

ハートランド・データ(株)
プロセスマネジメント事業部 営業企画課

お問い合わせフォーム
TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

No | タイトル | 区分 | 作成日
1 / 41234