セミナー・イベント

定期ハンズオンセミナー

Armadillo-440 で学ぶ!Linux動的解析メソッド

アプリケーションからカーネルまで、Linuxの動きを見える化しよう!

 
semi-pic大規模・複雑化の傾向があるLinux開発の環境で、不具合解析をいかに効率化するか、悩まれていませんか?
その悩み、DT10で解決しましょう!
本セミナーは、実際にArmadillo-440を使用して、ハートランドが提唱するLinux動的解析メソッドを実習形式で学べるセミナーです。

今なら新サービス「Linux Ethernet ドライバサービスパック」で提供されるドライバもセミナーで体感可能!
Linux環境で、より簡単に、より快適に、DT10をご利用になりたい方にオススメです。

受講対象者 ・動的テストツールの導入をご検討中のお客様
・動的テストツールを使い始めるユーザー様
参加費 無料

 

本セミナーで学べること

Armadillo-440 を使用して、Linux開発の課題を解決する方法を学びます。

次のような意欲をお持ちの開発者様にオススメ!
  • Linux開発のテクニックを学びたい
  • プロセスの動きを見える化したい
  • デバイスドライバの動きを見える化したい

 

講座内容

プログラム1

Armadillo-440でDT10を使うための環境構築[実習]

  • Armadillo-440とDT10との接続について
  • DT10に特化したArmadillo-440のビルド環境構築
  • DT10用デバイスドライバの実装
プログラム2

Armadillo-440上で動作するアプリケーションをDT10で解析[実習]

  • アプリケーションのトレース
  • 変数変化のリアルタイム表示
  • アプリケーションの時間計測
プログラム3

Armadillo-440のカーネルをDT10で解析[実習]

  • デバイスドライバのトレース
  • デバイスドライバとアプリケーションの同時トレース
  • プロセス・スレッドの遷移状況を可視化

※講座内容は変更の可能性があります。

No|タイトル|区分|作成日