セミナー・イベント

定期ハンズオンセミナー

機能安全(ISO 26262)認証取得 DT10 Automotive Editionで学ぶ! 統合テストでカバレッジ計測を行うための動的テスト体感セミナー

ISO 26262で求められるカバレッジを効率的に計測するためには?
DT10 Automotive で提案する新しい統合テスト

semi-pic機機能安全規格「ISO 26262」に適合が求められているが、どのようなテストが必要になるのか。

本セミナーでは、DT10 Automotive を導入し、これから本格運用を始めるユーザー様や、ISO 26262 の認証適合を検討されている方に向けて、ISO 26262 の概要と、DT10 Automotive で提案する統合テストの進め方をご紹介します。

また、本セミナーは、1人1台の環境で、動的テストツールDT10 Automotive を操作しながら体験できるセミナーです。
DT10 Automotive を実際に使用して、具体的に導入手順や効率的なカバレッジ計測の手法を学ぶことができます。

受講対象者 ・動的テストツールDT10 Automotive を導入し、これから本格運用を始めるユーザー様。
・動的テストツールDT10 Automotive を無料トライアル中 or ご検討中のお客様。
・ISO 26262 の認証適合を求められているお客様。
参加費 無料

 

本セミナーで学べること

  • ISO 26262 の概要
  • 品質保証のための開発プロセス
  • ユニットテストと統合テストの目的
  • コードカバレッジとは
  • カバレッジ計測の工数を少なくするためのヒント
  • DT10 Automotive の適応範囲~開発プロセスとカバレッジ計測~
  • DT10 Automotive で提案する統合テストの進め方
  • DT10 Automotive の導入手順と操作方法 [実習]
こんな課題をお持ちの方にオススメ!
  • 機能安全規格の対応を検討している
  • 機能安全で求められているカバレッジ計測について知りたい
  • 統合テストにおけるカバレッジ計測の手法を学びたい
  • DT10 Automotive をこれから本格的に運用していきたい
  • DT10 Automotive の導入を検討している
No|タイトル|区分|作成日