セミナー・イベント

オンラインセミナー

オンラインセミナー

 

講座内容

開発終盤だからこそ実施したい「動的テスト」とは?
リグレッションテストにおける動的テストノウハウ受講レベル★★☆

影響範囲にポイントを絞って動的テストを実施するには?
リグレッションテストの時間を短縮したい方にオススメのセミナー!

「ソースコードを変更した場合、テストはどの範囲まで実施すべきか?」

ソースコードに手を入れたのだから、全てのテストケースを最初からやり直すのが理想かもしれませんが、開発終盤の限られた時間ではそうも言ってられないのが実情です。

また、ツールを使ってカバレッジ計測やパフォーマンス測定を行う必要があっても、開発が終わりを迎えるタイミングで全てのコードを対象に再計測するのは、十分な工数が確保できない限り難しいはずです。

本セミナーでは、開発終盤でこそ実施したい動的テストの手法とその環境構築方法についてご紹介いたします。
リグレッションテストの時間を短縮したい方などにオススメのセミナーです。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

【DT10 Automotive】 動的テストで MC/DC!?
機能安全のためのソースコードの構造解析とカバレッジ計測受講レベル★★☆

はじめよう機能安全!統合テストフェーズで動的にカバレッジを計測

近年、ソフトウェア開発現場では、機能安全規格「ISO 26262」や「IEC 61508」などへの対応が求められています。
そこで、本セミナーでは、「機能安全」の基礎と、弊社動的テストツール「DT10 Automotive Edition」を使用した機能安全への適用方法を分かりやすく解説します。

「DT10 Automotive Edition」は、機能安全に必要なMC/DCなどの各種カバレッジを動的に計測できます。
統合テストフェーズで、カバレッジを計測することで、特に効果を発揮します。
また、テストケースの検討に役立つソースコード構造解析機能を搭載し、テストの準備からテストの実行までを広くカバーします。

機能安全やカバレッジ計測に興味がある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

動的テストツールDT-Win Ver.3.1.1 新機能早わかりセミナー
~C#アプリでもかんたん動的テスト!DT-Winを使用したカバレッジ取得フロー~受講レベル★★☆

C#アプリにも動的テストという選択肢を!パワーアップしたDT-Win

C#アプリでカバレッジを取得しようとした場合、例えば、Visual Studioではテストプロジェクトを用意して設定を行ったりしなければならず、少し手間に感じていませんか?
本セミナ―では、そんな課題を解決するために、最新の動的テストツールDT-Winを使用したカバレッジ計測方法をご提案します。

DT-Winを使用すれば、
「ビルド時に一気にテストポイントを挿入し実行したら勝手にカバレッジが取れてる!」
というカバレッジ取得フローを構築することも可能に。

C#アプリで開発中の方や、カバレッジを効率的に取得したい方は、ぜひお気軽にご参加ください。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

動的テストツールDT10 Ver.12.1.0 新機能早わかりセミナー
~新登場のプラグインと拡張されたコマンドラインでより効率的なテストが可能に~受講レベル★★☆

DT10を不具合解析で使いたい方や、テスト自動化に取り組んでいる人にオススメの新バージョン!

「動的テストツールDT10」は、発売開始から8年。お客様と共に進化してきました。
そして、この秋、DT10 Ver.12.1.0 がついにリリース!

目玉となるのは、プラグインとの連携。これによりDT10で取得した情報の活用の幅がより広がりました。不具合解析などのお客様の課題に対し、DT10をより使いやすい形でご使用いただけます。

もうひとつの目玉が、コマンドライン機能の拡張。
弊社でも年々ご相談を受ける機会が多く、トレンドにもなりつつある「テスト自動化」。テスト自動化でDT10を使用する際に、従来のDT10ではできなかった細かな操作や設定に対応しました。

本セミナーでは、これらのDT10の最新機能についてオンラインで詳しく解説!
動的テストツールのユーザー様や、導入を検討中の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

〜動的テストの最新テクニカルメソッド〜
複数のCPUのプログラム実行経路を同時に解析するには?受講レベル★★☆

複数CPUでの開発を効率化したい方必見!

通常、DT10で経路を確認できるのは、1つのDynamicTracerに対して、1つのCPUのみですが、ハードウェア・オプション「Multi-Tracer」を使用することで、「複数のCPU」の動きを同時にトレースすることができます。
また、「Multi-Tracer」は、CPU間の通信ラインのデータも確認できます。

本セミナーでは、その「Multi-Tracer」の便利な使いこなし術を、詳細に解説!
複数のCPUでの開発でお困りの方、CPU間通信の確認を簡単に行いたい方は、ぜひご参加ください。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

活用シーン別に解説!
動的テストでもっと成果が出せる5つの実践テクニック受講レベル★★☆

動的テストツールをもっと使いこなしたい!
より早く、成果をあげるための効果的な活用方法を知りたい!そんな方は必見のセミナーです

動的テストツールDTシリーズは、ソフトウェアの実行経路をトレースし、そのログから不具合の解析やパフォーマンスの計測、カバレッジの測定などができる大変便利なテストツールです。

今回は、実際の開発現場ですぐにご活用いただき、早く成果を上げていただくための活用シーン別実践テクニックを5つご紹介します。
今回は特に、お客様からのお問い合わせが多い内容を5つピックアップしました。

ハートランド・データのテストツールを導入したばかりの方、現在導入検討に向けてトライアルを行なっている方、または、トライアル予定の方、すでに導入済みでもっとツールの活用シーンを増やしたい方は、必見のセミナーです。

特にこれからカバレッジ計測を実践したい方は、ぜひご参加ください!

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

動的テストでMC/DC解析!
押さえておきたい動的コードカバレッジ計測手法受講レベル★☆☆

動的カバレッジの計測でテスト漏れを防ぐ!

MC/DCとは、テスト対象となるプログラム中において、各ユニット内の条件・判定をどのくらい網羅したかを示すもの。
実行されないコードや実行されない条件に加え、判定内の他の結果に依存しないテストケースの網羅性を確認することができます。

動的テストツール DT10 Automotive Ver.12 では、MC/DCのカバレッジ解析機能に対応!
実機環境で、MC/DC解析をどのように行うのか、本セミナーで解説いたします。

さらに、DT10 Automotive は、MC/DC 以外にも、ステートメントカバレッジ、ブランチカバレッジ、関数カバレッジ、コールカバレッジ といった様々なカバレッジを計測できます。本セミナーでは、これらのカバレッジの計測方法などもご紹介します。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

新しくなりました!ESECのブースプレゼンをオンラインで!
~リリース前の先取り情報や、最近の動的テストのトレンドをギュギュっと大公開~受講レベル★☆☆

プレゼン内容刷新!展示会でしか聞けない動的テストのミニプレゼンをオンラインセミナーで!

2017年5月10日(水)~12日(金)に開催される【第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC)
本展示会中、ハートランドブースでは、毎日ミニプレゼンテーションを行います!
1つ10分程度のミニプレゼンで、動的テストツールのご紹介から最新情報までお気軽に学べます。

毎回好評のブースプレゼンですが、ESECからプレゼン内容を刷新します。
動的テストツールDTシリーズのご紹介や、テスト自動化の環境構築サービスのご紹介、開発中の新機能の情報など、最新情報が満載です。

この展示会のミニプレゼンテーションを、オンラインセミナーでライブ配信いたします。
ESECへのご来場が難しい方、最新情報にご興味がある方など、ぜひご参加ください。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

MC/DC解析機能搭載!動的テストツール 新機能早わかりセミナー
〜DT10 Automotive Ver.12 で高効率・高品質なテストを! 〜受講レベル★★☆

MC/DC解析機能や最新のソースコード解析機能など、動的テストを強力にサポートする新バージョン!

◆DT10 Automotive Edition Ver.12.0.0 のリリース決定!◆

機能安全規格「ISO 26262」に適合した動的テストツール「DT10 Automotive Edition」。
その最新版リリースに伴い、新機能をご紹介するオンラインセミナーを開催します。

DT10 Automotive Edition Ver.12.0.0 は、
「詳細なソースコード構造解析」、「強力な実行結果解析」、「十分な情報出力」
により、高効率・高品質なテストを実現。
MC/DC解析機能や最新のソースコード解析機能などテストを強力にサポートする機能が多数追加されます。

これにより、関数の影響範囲がかんたんに「見える化」できたり、関数の制御構造ツリーや判定文の真理値表などを表示して、ソースコードから関数の仕様を確認できたり、設計〜テストまでを強力にサポートします。

本セミナーでは、その最新機能についてオンラインで詳しく解説!
動的テストツールのユーザー様や、導入を検討中の方は、ぜひお気軽にご参加ください。

  • 導入検討
  • ユーザー
  • 開発者
  • 無料

日程を見る詳細を見る

開催日程・お申し込み

ご希望開催日のお申し込み欄をクリックして、お申し込みフォームへお進みください。

オンライン開催
開催日開催時間開催講座お申し込み
2018/01/24(水)16:00~16:40 【DT10 Automotive】 動的テストで MC/DC!?
機能安全のためのソースコードの構造解析とカバレッジ計測
2018/02/16(金)16:00~16:40 開発終盤だからこそ実施したい「動的テスト」とは? リグレッションテストにおける動的テストノウハウ

ご希望の日程が無い場合は、こちらのフォームからリクエストしてください。