サービス

組込みソフトウェア開発

お客様のご要望に応じた最適なシステムをご提供できます。

私たちは組込み系ソフトウェア開発を中心に受託開発を30年以上に渡り行ってきました。
近年では機器をコントロールするiOS/Androidアプリの開発も行っております。

国内の大手企業様からの受託を中心に、オーディオ機器・AV機器・車載機器関連の製品開発に数多く携わってきました。
Texas Instruments社のThird Party Network MemberでありAudio DSPを用いた製品の開発経験が豊富です。
他にもApple社のMFi(Made for iPod)のDeveloper Licenseを取得し、DLNA、hTC connectのライセンスプログラムにも参加しており、
DLNA対応・Air Play対応・Google Cast対応などネットワーク対応製品やDock製品などの開発経験も豊富です。

また、私たちは、受託開発により積み上げてきた技術をベースに、市場にある様々なモノや技術を最適な形でお客様に提案する、
「テクニカルソーシング」に力を入れております。
お客様の要求を分析し、製品・システムの企画・立案からハードウェアの選定を行い、ソフトウェア開発を行うことが出来ます。

組込みソフトウェア開発

品質向上への取り組み

二重のチェックを行い、ソフトウェアの品質向上に取り組んでいます。

二重のチェックを行い、ソフトウェアの品質向上に取り組んでいます。

当社製品である開発サポートツール”DT10″や”DataCatcher”を活用しデバッグやテストを効率的に進め、ソフトウェアの品質向上に取り組んでいます。

特にDT10の活用範囲は広く、不具合修正や性能測定を行う際はDT10のトレースデバッグ結果を用いて、プログラム動作を解析しています。

また、当社では今までのノウハウを蓄積した開発手順書を作成し、開発者全員で共有しています。これは仕様検討からソフトリリースに至るまでの各フェーズにおいて各開発者が必ずチェックしなければいけないポイントをまとめた資料になります。

ソフトウェアの品質は開発者の能力・技量に依存しがちですが、開発手順書によるチェックを行うことで、ソフトウェア品質を一定に保つことができます。このように、DT10と開発手順書によるチェックをプロセスに組み込むことで、品質向上に取り組んでいます。

当社の受託開発についてもっと知りたい方へ

お問い合わせ