サービス

たくさんのIoT機器を統合しエッジデバイスにつなげるプラットフォーム

IoTにおいては、多種多様な機器を簡単かつ確実にエッジデバイスにつなげ、インターネットにそのデータを上げることが最も重要です。
「Wip」は既存のネットワーク、アクセスポイントに依存することなく、機器間で自動的に独立したネットワークを構築します。
ネットワークの専門知識を持つエキスパートでなくても、誰でも簡単に最適なIoT機器ネットワークを構築でき、データを安定的にエッジデバイスに届ける、それが「Wip」です。
 

ハートランド・データだから出来るインテリジェントなワイヤレス プラットフォーム

「Wip」は機器同士が直接送受信安定度を評価し、最適な経路でメッシュ状にネットワークを自動構築し、Wipマスターがデータを集約してエッジデバイスに届けます。
そのため、アクセスポイントに負担を与えたり、ネットワーク構築において依存することがありません。

起動時および機器の移動、ノイズなど外乱により機器間の送受信が安定しなくなった場合、「Wip」はネットワークを自動的に再構築しますので、機器設置変更、環境変化があってもネットワークは常に最適な状態に保たれます。

Wipによるネットワーク

Wipによるネットワーク

・ IoT機器同士がメッシュ状にネットワークを構築
・ 電界強度を評価して、自動的に相互接続
・ エリア拡張にリピーター必要なし
・ 設置して電源を入れるだけで自動構成

従来のネットワーク

従来のネットワーク

・ IoT機器はアクセスポイントにスター接続
・ 設置時は電界強度を考慮し配置
・ エリア拡張にリピーターを追加
・ ノウハウを持ったエキスパートが構成

 

WB0006 Wipボックス & WM0006 Wipモジュール

「Wip」は、すぐにお使いになれる「Wipボックス WB0006」として提供されます。Wipボックスには、ソフトウェアが実装された「Wipモジュール WM0006」のほか、
各種⼊出⼒や電源アンテナなどが搭載されています。
無線認証(技術基準適合証明 ⼯事設計認証)は、Wipモジュールとしてすでに取得済みなので、改めて申請する必要はありません。
 

WB0006 Wipボックス

WB0006 Wipボックス
WB0006 Wipボックス
WB0006 Wipボックス
114 x 85 x 25mmの小型多目的ワイヤレス端末。
GPIO、Audio-IN/OUT、USBを装備。
M2M、オーディオ配信、見守りカメラ設置などに
使用可能。
導入評価用としても最適。
Wipを用いた開発事例はこちらからどうぞ。
 

WM0006 Wipモジュール

WM0006 Wipモジュール
1MediaTek社製Soc MT7628を搭載した高性能2T2R IEEE802.11 b/g/n 2.4GHzモジュール。
38 x 25 x 5mmの小型モジュールで低消費電力IoTデバイスの使用に最適。

WM0006はMIPS 580MHz、64MB DRAM(最大128MB)を持つ高性能低消費電力CPUであるだけでなく、USB2.0 Host port、SDXC Class 10、RJ45 10/100、IIS、UART、IIC、GPIOなど豊富な周辺回路を備えている。

お問い合わせ