お知らせ

スペシャル SPECIAL

ゴールデンウィーク期間のお知らせ作成日
2021-04-16

お客様各位

平素は格別のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。

弊社ゴールデンウィーク休業についてお知らせいたします。
誠に勝手ながら、下記の通り休業とさせていただきます。

4月24日(土)休業日

4月25日(日)休業日

4月26日(月)通常営業

4月27日(火)通常営業

4月28日(水)通常営業

4月29日(木)休業日

4月30日(金)休業日

5月1日(土)休業日

5月2日(日)休業日

5月3日(月)休業日

5月4日(火)休業日

5月5日(水)休業日

5月6日(木)通常営業

5月7日(金)通常営業

5月8日(土)休業日

5月9日(日)休業日

なお、上記休業日のサポート業務はお休みさせていただきます。
休業中にいただいたE-mailなどでのお問い合わせにつきましては、
翌営業日より順次対応させていただきます。

ユーザーの皆様には大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【プレスリリース】機能安全規格「ISO 26262」が求めるカバレッジ計測をさらに効率化する、動的テストツール「DT+FS(Functional Safety)」を販売開始作成日
2021-04-15

車載向けソフトウェア開発、産業機器向けソフトウェア開発におけるテストをさらに効率的に

ハートランド・データ株式会社は、機能安全規格のツール認証を取得した、組込みソフトウェア開発用の動的テストツール「DT+FS(Functional Safety)」を販売開始しました。

動的テストツール「DT+FS」 Ver.1.0.0は、第三者認証機関であるテュフ ズード社から、機能安全規格「ISO 26262:2018」および「IEC 61508:2010」のツール認証を取得しています。今回の新製品により車載向けソフトウェア開発におけるカバレッジ計測をさらに効率的に実施し、 認証取得の工数を大幅に削減することが可能となります。

図.DT+FSがサポートする範囲

図.DT+FSがサポートする範囲

年々、規模が拡大している車載ソフトウェア開発において、開発プロセスの「説明責任」がソフトウェア開発元に求められてきています。
認証を取得したツールを使用することにより、機能安全規格に準拠した電子システムを開発する企業での妥当性確認がより容易になることから、自動車関連以外でも、産業用機器や医療用機器等、幅広い製品のソフトウェア開発で活用可能です。当社は、今後も、動的テストツールの開発元として、多くのお客様から価値を認めていただけるサービスを提供し、お客様とともに幸せを分かち合えるよう努めて参ります。

【『動的テストツールDT+FS』は、トレーサビリティ連携とテスト自動化を強力に支援】

「DT+FS」は、SciTools社製の構造解析エンジンを搭載することにより、機能安全規格で求められる機能を実現し、適切なテスト環境を構築します。
従来は別々のテストで測定する必要のあった、ステートメントカバレッジ・ブランチカバレッジ・MC/DC・関数カバレッジ・コールカバレッジ・リソース利用テストを、実機環境で一挙に計測し機能安全規格で求められる説明責任を確立することが可能になります。さらに、テストケースとテスト結果のトレーサビリティの取得を容易にし、テストケースの自動結果判定を可能にしています。

テストケースとテスト実施結果のトレーサビリティ

図.テストケースとテスト実施結果のトレーサビリティ

図.MC/DCレポート

【DT+FS 製品紹介サイト】

【会社概要】

名称:ハートランド・データ株式会社
本社住所:栃木県足利市福居町361
設立:1982年1月18日
資本金:3,200万円
代表者:代表取締役 落合亮
ホームページ:https://hldc.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

ハートランド・データ株式会社
セールス&マーケティング部 営業企画課
TEL:0284-22-8791

お問い合わせフォーム

[Japan IT Week春 連動企画] 『「みんなどうしてる?」テレワーク実態調査』でStarbucksドリンクチケットが当たるキャンペーンのお知らせ作成日
2021-04-12

オンライン展示会の開催と連動しまして、
『「みんなどうしてる?」テレワーク実態調査』を実施します!

気になる集計結果は、ご回答いただいた方にのみに後日大公開!
またご回答者の中から抽選で20名様にStarbucksドリンクチケット(500円分)をプレゼント。

詳細は、以下のバナーからご確認ください。

[Japan IT Week春 連動企画] 『「みんなどうしてる?」テレワーク実態調査』でStarbucksドリンクチケットが当たるキャンペーン

[Japan IT Week春 連動企画] 『Twitterにて「QuoカードPay 400円分」が当たる!』フォロー&リツイートキャンペーンのお知らせ作成日
2021-04-12

Japan IT Week春のオンライン展示会の開催と連動しまして、
『Twitterにて「QuoカードPay 400円分」が当たる!』
フォロー&リツイートキャンペーンを実施します!

詳細は、以下のバナーからご確認ください。

[Japan IT Week春 連動企画] 『Twitterにて「QuoカードPay 400円分」が当たる!』フォロー&リツイートキャンペーン

[Japan IT Week春 連動企画] ハートランド・データのオンライン展示会 特設サイトを公開!作成日
2021-04-12

[Japan IT Week春 連動企画] ハートランド・データのオンライン展示会 特設サイトを公開!ハートランド・データは、4月26日(月)~28日(水) に開催される『第10回 IoT&5Gソリューション 展【春】』に出展します。オンライン展示会では、ご来場が難しい方のために、展示会でご紹介する製品の動画や資料を多数用意しております。

『第10回 IoT&5Gソリューション 展【春】』では、新製品の機能安全規格対応「DT+FS(Functional Safety)」や、動的テストツール「DT+」など、DX時代の開発スタイルをサポートする製品やサービスをご紹介します。

詳細は下のバナーからご確認ください。

> オンライン展示会はこちら

※ 2021年3月31日をもちまして、本キャンペーンは終了いたしました。

【プレスリリース】 プロセス管理システム「Stages」の新バージョン 7.6の提供を開始!作成日
2021-04-08

Stages 7.6で価値あるプロセスを

プロセスは実際に使われないと価値を発揮しません。
「定義して終わり」では、プロセスは理論上のオーバーヘッドに過ぎなくなります。
Stages 7.6は、新しいプロセスのレビュー、承認、リリースの一連のプロセスリリースから、実プロジェクトでのプロセス履行まで、ライフサイクル全体をスピードアップする革新的な新機能をもたらします。

プロセス

省力化されたプロセスリリース

今まではレビュー、承認、および更新のフローを手動で行ってきました。
バージョン7.6では、その一連の作業が自動化された手順に置き換えられています。
これにより、組織は、承認のエビデンスの文書化と承認フローの管理をしっかり行いながらも、
外部の変更に迅速に対応し、組織のアジリティを向上させることができます。
自動化には次のものが含まれます
 ・プロセスバージョンの作成
 ・電子メールによる通知
 ・さまざまな利害関係者とのインタラクション
 ・プロセスバージョンのお知らせ
 ・プロセスリリースと更新のプッシュ
 ・リマインダーとタイムアウト
 ・権限の割り当て

プロセスリリース

あなたのために働くプロセス

プロセスが実際に適用可能なことを保証するには、
定義されたプロセスアクティビティを計画、実行、およびモニタリングする必要があります。
これは通常、Atlassian JiraやIBM Engineering Workflow Management(旧称: RTC)などのタスク管理ツールで実施します。
革新的なツール連携により、実行可能モデルをタスク管理ツールに直接デプロイできるようになりました。
BPMNや同様のモデリング手法とは対照的に、ビジネスプロセスロジックは技術的なタスクの実行から切り離すことができます。

チケット化

一貫性のあるプロセスインターフェース

複雑なエンジニアリングプロセスを管理するには、
さまざまな機能、分野、またはプロセス領域の明確なアーキテクチャと
相互にそして明確に定義されたインターフェースが必要です。
これらのインターフェースを一貫した方法で管理するために、
Stages 7.6では特定のプロセスワークスペースをコレクションにグループ化できます。
モデリング中に、プロセスインターフェースの提案を自動的に行ってくれるようになりました。
これにより、不整合が回避され、大規模なプロセスランドスケープのモデリングが大幅に高速化されます。

ワークスペースコレクション2

【Stages 新機能紹介ページ】

【Stages 製品紹介ページ】

【会社概要】

名称:ハートランド・データ株式会社
本社住所:栃木県足利市福居町361
設立:1982年1月18日
資本金:3,200万円
代表者:代表取締役 落合亮
ホームページ:https://hldc.co.jp
本件に関するお問い合わせ先
ハートランド・データ株式会社
セールス&マーケティング部 営業企画課
TEL:0284-22-8791

お問い合わせフォーム

『健康経営優良法人2021』に認定されました!作成日
2021-03-04

ハートランド・データは、このたび経済産業省および日本健康会議が選定する
「健康経営優良法人2021」に認定されましたことを、お知らせいたします。
2018年から4年連続で認定を受けることが出来ました。

弊社では従業員の心身の健康が企業パフォーマンス向上につながると考え、
健康経営を推進するとともに、下記の取り組みを行うことを「とちぎ健康経営宣言」として宣言しています。

 一、健診を100%受診します
 二、健診結果を活用します
 三、「運動」について取り組みます
 四、「禁煙」について取り組みます

そのほか、予防接種等の感染症予防対策や健康増進を目的とした
運動イベントの実施、外部主催スポーツイベントへの参加補助など
社員の健康のためにさまざまな取り組みを行っています。

健康経営優良法人制度とは>
健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省が健康経営に積極的に
取り組む企業を顕彰する制度で、健康経営とは従業員の健康管理を
コストではなく戦略的な経営投資として捉える考え方のことを指します。

[Japan IT Week関西 連動企画] 来場が無理ならオンラインで。配布資料・動画を一挙公開作成日
2021-01-26

[Japan IT Week関西 連動企画] 来場が無理ならオンラインで。配布資料・動画を一挙公開ハートランド・データは、『第5回【関西】組込み/エッジ コンピューティング 展』に出展します。
展示ブースでは、新型コロナウイルス感染拡大予防を徹底して展示いたします。

しかし、このコロナ禍の中、ご来場は難しい方が多くいらっしゃるかと思います。そこでハートランド・データでは、動的テストツール「DT+」シリーズなどの配布資料や動画を一挙公開いたしました。

今回の展示会のブースプレゼン資料なども公開しておりますので、ご来場が難しい方はぜひご利用ください。

> 配布資料はこちら

> セミナー動画はこちら

※ 2021年3月31日をもちまして、本キャンペーンは終了いたしました。

2021年 社長年頭挨拶作成日
2021-01-05

あけましておめでとうございます。
新年のスタートにあたり、ご挨拶申し上げます。
日頃より弊社ならびに製品をご愛顧いただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年はコロナ渦で大変な一年でした。この激しい変化の中でも、ハートランド・データはビジネスを成長させるために挑戦してきました。

1. 動的テストツールDT10の後継としてさらに進化発展させたDT+シリーズの発売を開始しました。
https://hldc.co.jp/dtplus/

2. はじめてのeコマース事業としてタケノコストアをオープンしました。
https://takenokostore.jp/

3. これからのエンジニアリソースの拡大を見据えてソフトウェアデザインセンターを建設しました。
https://hldc.co.jp/blog/2020/11/25/5455/
ソフトウェアデザインセンターの1階はABWを念頭においたワーキングラウンジにしました。
https://designcafe.jp/archives/17888

このように毎年新しい製品、サービスが出せるのも皆様のおかげです。
本年もよりいっそう努力してまいります。
 

笑顔のためのモノづくり!

「一歩先行く技術で、お客様とともに幸せを分かち合う」この理念を胸に、
今年も社員一人一人がソフトウェア開発に取り組んでいきます。
“今無いモノを追求する、先進的なソフトウェア開発プロセス”
“すべてのエンジニアのための、画期的なツール開発”

を通して、多くのお客様から価値を認めていただける商品を提供し、
お客様とともに幸せを分かち合いたい、と強く願っています。

皆様のこの一年間の健康と活躍を祈念しまして、新年の挨拶といたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役社長落合亮

年末年始休業期間およびサポート業務休業期間のお知らせ作成日
2020-12-04

平素は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、年末年始休業およびサポート業務の休業期間を
下記の通りとさせていただきます。

年末年始休業期間
2020年12月29日(火) ~ 2021年1月4日(月)まで
サポート業務休業期間
2020年12月26日(土) ~ 2021年1月4日(月)まで

サポート業務の休業期間中にいただいたE-mailなどでのお問い合わせにつきましては、
1月5日(火)より順次対応させていただきます。

ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

No | タイトル | 区分 | 作成日