セミナー・イベント

レポート

Embedded Technology 2014 出展レポート作成日
2014-12-08

Embedded technology 2014

出展ブース

Embedded Technology 2014に出展しました!!

出展ブース

毎年秋にパシフィコ横浜で開催している、Embedded Technology 2014にハートランド・データは今年も出展いたしました。

3日間行われた展示会では、展示ブース内でのデモをはじめソフトウェア開発者、テストエンジニアに向けた目的別にAndroid、カバレッジ計測、Linux、不具合解析のプレゼンテーションを行い、シェアを伸ばし続けている動的テストツールの魅力を余すことなく紹介させていただきました。

本ページでは出展ブースや展示デモのご紹介のほか、会期中開催したプレゼンテーションのレポートと、
その講演資料の無料ダウンロードをご案内します。是非ご覧ください!

展示ブース内プレゼンテーション

ソフトウェア開発者必見のプレゼンテーションを行いました。

展示ブース内では、動的テストツールに関するプレゼンテーションを3日間実施いたしました。
多くのソフトウェア関係者の方に足を止めていただき、誠にありがとうございました。
そのプレゼンテーション資料を今回は無料でダウンロードいただけます。
お越しになれなかった方、会期中聞き逃してしまった方、もう一度見たい方は、是非ご利用ください。

展示ブース内プレゼンテーション

Android

先日、「Android 5.0 Lollipop」がついに公開されました。
進化し続けるAndroidを、皆様どのように動作検証していますか?
本プレゼンテーションでは、カーネルからドライバ、アプリケーションまで、それぞれのプログラムの動きをカンタンに“見える化”する手法をご紹介しました。Android開発者必見のプレゼンテーションとなりました。

展示ブース内プレゼンテーション

カバレッジ計測

『今のテスト、ほんとに足りてますか?』
この問いに対して、自信を持ってYesと答えられない方は、テストの充足性を確認できないからではないでしょうか。
動的テストツールDT10のカバレッジ機能を使用して、テストの充足性をカンタンに確認する方法をご紹介しました。

展示ブース内プレゼンテーション

Linux

大規模・複雑化の傾向があるLinux開発の環境で、不具合解析をいかに効率化するか、悩まれていませんか?
その悩み、DT10で解決しましょう!動的テストツール DT10はカンタン導入&カンタン解析。本プレゼンテーションでは、導入方法の実践レクチャーと、カーネル処理のおすすめ解析方法をご紹介しました。

展示ブース内プレゼンテーション

不具合解析

再現率の低いタイミング系の不具合解析に時間がかかっていませんか?
動的テストツールでは、プログラムの動きを止めることなくテストができるので、タイミング系の問題にも効果を発揮します!
さらに、本プレゼンテーションでは、DT10による”すぐに効果がでる”不具合解析テクニックをご紹介しました。

ブース内デモ

多彩な環境でお客様の問題に応じてデモを行いました。

dt10
ブース内デモDT10は、組込み向けのテストツール。あらゆる環境でソフトウェアの動きを”見える化”します。
展示ブースでは、「ODROID」、「Armadillo」、「Analog Demo Board(自作のデモボード)」の3つデモ機で、その汎用性の高さをご覧いただきました。

dt-storage
ブース内デモPCレスでSDカードにトレース結果を保存する『SDストレージモード』を搭載。複数台の製品を短期間でテストする必要があるテストエンジニア向けのトレーサーです。アウトソーシングにおけるテスト手法の標準化をご提案いたしました。

dt-win
ブース内デモDT-Winは、Windowsアプリ開発に特化したテストツール。
アプリの動作から、簡単にリアルタイムカバレッジ計測を実現します。
また、DT-Winを利用したメモリーリーク検出など、様々なシーンでの活用方法をご提案しました。

カンファレンス

「そのテストは完璧か?」に「YES」と答えたい!

11月21日(金)に、設計・検証ツール(DVT)トラックにて『「そのテストは完璧か?」 に 「YES」と答えたい!』
と題しまして、動的コードカバレッジ計測によるグレーボックステストの技法を紹介しました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
また、本セッションの資料は無料でダウンロードいただけます。会場にお越しになれなかった方、
もう一度内容を振り返りたい方は、是非ご利用ください。

カンファレンス
もっとテストをすべきか、もうこれで十分か。
オープンソース、派生開発、自分で作成していないプログラムも含めて信頼性を上げなければいけない状況の中、今までのテスト技法だけで、品質を確保していけるのだろうか?
本セッションでは、”動的テスト”の技術で効率的にソフトウェアを計測し、テストの”質”を見える化する、積極的な攻めのテストへの転換方法をご紹介しました。

CEDEC2014 レポート作成日
2014-09-22

cedec2014_logo

ハートランド・データは、2014年9月2日(火)~4日(木)に開催された、日本国内最大のゲーム開発者向け技術交流会「CEDEC 2014」に参加いたしました。

cedec2014-heartlandData-p1

 

スポンサーシップセッションを開催

9月4日(木)には『そのテスト足りてます? 〜テスト漏れを防ぐ動的コードカバレッジという考え方〜』と題して、
スポンサーシップセッションを行いました。多くのテスト、QA(品質保証)にご興味をお持ちの方がご参加くださいました。
ご清聴いただき、ありがとうございました。

当日セッションのメインテーマは
■テスト漏れがないことをどう証明するか?
■漏れなくテストを実行するにはどうすればよいか?

この2点に重点を置き、日本工学院八王子専門学校の大圖衛玄氏に全面協力頂き、
ハートランド・データ株式会社の「動的テストツールDT-Win」を活用した、実際のゲーム開発現場での
効果的な動的コードカバレッジの計測方法やプレイログを活用した動的テストの ”自動化” などを
ご紹介いたしました。

cedec2014-heartlandData-p2

●講演資料をご覧になりたい方はCEDECの講演資料のアーカイブサイト「CEDiL(CEDEC
Digital Library)」より、無料登録するだけでダウンロードいただけます。
http://cedil.cesa.or.jp/

また、CEDEC本番時にUstreamにてライブ中継を行いましたスポンサーセッションにつきまし
ても、Ustreamの番組ページにて9月下旬より録画映像を公開予定です。

 

展示ブースの様子

展示コーナーではセッションでもご紹介した『動的テストツールDT-Win』を展示しました。
ゲームテストの”自動化”に関心のある、沢山の方にご来場いただきました。
当日、キャンペーンとして配布した「動的コードカバレッジ無料体感キャンペーン」も大変好評をいただいております。

cedec2014-heartlandData-p3

「DT-Win 体感キャンペーン」のお知らせ

会場でお配りしておりました「動的コードカバレッジ無料体感キャンペーン」のダウンロード期限が
間もなく終了となります。
ダウンロードがお済でない方は下のバナーをクリックしてお早めにアクセスください。

第3回DT10活用セミナー(2014年2月28日) 開催レポート作成日
2014-04-17

ハートランド・データは、2014年2月28日(金) 秋葉原UDX GALLERY NEXT-1にて、『第3回DT10活用セミナー』を開催致しました。

 

今回のセミナーについて

本セミナーでは、動的テストツールDT10を導入して頂いたユーザー様に、もっとツールを使い倒し、最大の効果を上げて頂くため、講師の方3名をお迎えし活用事例の紹介を中心としたセミナーを開催いたしました。
また、ハートランド・データの提案からは、開発プロセスと各フェーズでの必要な作業を整理し、動的テストの基礎知識や具体的な手法、効果などをわかりやすく紹介いたしました。

セミナー会場の様子

 

講演内容

ユーザー事例紹介①

スマートグリッドエネルギー商品開発DT10適用事例
吉井 健治 氏 (太陽誘電株式会社)

 

ユーザー事例紹介②

組込みシステム研究センターでの取り組みと動的テストツールDT10
武井 千春 氏 (名古屋大学)

ユーザー事例紹介③

監視装置におけるDT10活用シーン紹介
馬渡 弘友希 氏 (河村電器産業株式会社)

ハートランドからのご提案

伝授!動的カバレッジ測定のテクニカルメソッド
新井 雅嗣 (サポート課)

“実行されたことのないコードは正常に作動しない可能性を否定できません。
品質保証のためには、動的テストを漏れなく網羅的に実行することが望ましいです。
しかし、実際のプログラムは膨大なロジックを持ち、すべてをテストし尽すことは非常に困難であるのもまた事実です。
このような課題に対して、動的テストツールDT10ではどのようにアプローチできるのか。
具体的な操作方法を交え、動的カバレッジの計測手法を紹介しました。”

チームで実践!動的テストの運用ガイドライン
落合 亮 (システム開発部)

“日々進化していくソースコードに対して動的テストをどうように運用していくべきか?
このような悩みを抱えたユーザー様は少なくないはず。
動的テストツールDT10をどのように利用すれば、より効果的にプロジェクトチームで動的テストを運用できるのか。
押さえなければいけないポイントを中心に、具体的な運用例をご紹介いたしました。”

 

懇親会

セミナー後に行われた懇親会では、お客様同士で情報の交換をされたり、クイズイベントやベストユーザー賞の発表などで盛り上がり楽しいお時間の中、終了いたしました。

次回のセミナーもただいま計画中です。
今回、都合によりご来場頂けなかったお客様には、ぜひ次回のご来場をお待ち致しております。

 

動的テストツールDT10入門セミナー 開催中!【無料】

弊社の動的テストツールDT10を利用して効率よくソフトウェアの課題を解決する方法を実習を通して学ぶことができます。

DT10導入後間もない方から、DT10の導入を検討されている方まで無料で受講いただけます。
お客様の課題に合わせて3つの講座をご用意しております。

不具合解析編
  DT10を利用した、不具合解析の手法を習得します。
パフォーマンス向上編
  DT10を利用した、パフォーマンス改善の手法を習得します。
カバレッジ計測編
  DT10を利用した、カバレッジ計測の手法を習得します。

開催日程、お申し込みはこちら▼
https://hldc.co.jp/seminar-and-event/seminar

第6回 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) レポート作成日
2014-02-03

6-Car-ele

ハートランド・データでは、2014年1月15日(水)~17日(金)に開催された、カーエレクトロニクスに特化したアジア最大級の専門技術展「カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)」に出展いたしました。

 

ハートランド・データ ブース

ハートランド・データブースでは、『動的テストツールDT10』をはじめ、新製品『DT-Storage』『DT-Win』をご紹介しました。また、ソリューションからはWi-Fi Display Solution『WFD Sink』を紹介しました。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

動的テストツールDT10入門セミナー 開催中!【無料】

本セミナーでは、弊社の動的テストツールDT10を利用して効率よくソフトウェアの課題を解決する方法を実習を通して学ぶことができます。

DT10導入後間もない方から、DT10の導入を検討されている方まで無料で受講いただけます。
お客様の課題に合わせて3つの講座をご用意しております。

  • 不具合解析編
      DT10を利用した、不具合解析の手法を習得します。
  • パフォーマンス向上編
      DT10を利用した、パフォーマンス改善の手法を習得します。
  • カバレッジ計測編
      DT10を利用した、カバレッジ計測の手法を習得します。

 

開催日程、お申し込みはこちら▼
https://hldc.co.jp/seminar-and-event/seminar

いますぐはじめる動的テストセミナー(2013年12月5日) 開催レポート作成日
2013-12-17

ハートランド・データは、2013年12月5日(木) 秋葉原UDX UDX GALLERY NEXT-1にて、『いますぐ始める動的テストセミナー』を開催致しました。

 

今回のセミナーについて

最近、”動的テスト”とよく聞きますが、具体的にどのような手法なのか、何からはじめればよいのか、実際にどのような効果が得られるのか、など、疑問や不安をお持ちのお客様も少なくないようです。
本セミナーでは、開発プロセスと各フェーズでの必要な作業を整理し、動的テストの基礎知識や具体的な手法、効果などをわかりやすく紹介いたしました。

 

講演内容

なぜ各社は “動的テストツール” にたどりつくのか?~動的テストツールの活用事例とその効果~
発売開始から4年が経過し、着実にユーザー数が増えている動的テストツールDT10。
ユーザーは、どんな課題を抱え、何を解決するために導入し、具体的にどのような効果をあげているのか?をJaxa様、リコー様、カシオ計算機様、日立製作所様の事例をベースに解説いたしました。

 

他社はもう実践している!”動的テストツール”のスマート活用術
~不具合解析からパフォーマンス改善、カバレッジの測定まで完全網羅~

みなさんはソフトウェアを正しく計測できていますでしょうか?
カバレッジ、パフォーマンス、実行経路…。勘と経験に頼らない工学的なソフトウェア開発にシフトして、より効率的に品質を確保していかないと、エンジニアの時間がいくらあっても足りません。
今回は、実際のデモを中心として、”動的テスト”の技術から、効率的にソフトウェアを計測する手法を紹介いたしました。

 

動的テストツール これからの展望
ますます進化を続けているハートランドの動的テストツールですが、
そのラインナップに「DT-Storage」と「DT-Win」が新たに加わります。
動的テストツールのこれからの展望を、DT10のロードマップを交えて紹介いたしました。

 

動的テストツールの紹介はこちら

https://hldc.co.jp/products/development-support-tools

Embedded Technology 2013 レポート作成日
2013-12-12

ハートランド・データは、2013年11月20日(水)~22日(金)に開催された、組込みシステム技術に特化した世界最大級のイベント「Embedded Technology 2013」に出展いたしました。

 

ハートランド・データ ブース

ハートランド・データブースでは、新機能を発表した『動的テストツールDT10』をご紹介しました。
今回は新製品『DT-Storage』や『DT-Win』が新登場しました。
大変多くの方に足を止めていただき、好評をいただきました。

 

セッション

11月20日(水)から3日間、『オープンステージプレゼンテーション』を行いました。
会場のメインステージにて、”ハートランド・データの動的テスト” をテーマに、不具合解析、パフォーマンス改善、カバレッジ測定の観点で、プレゼンテーションをさせて頂きました。ご聴講いただた皆様、ありがとうございました。

11月22日(金)には、設計・検証ツール(DVT)トラック『リアルな動きを把握して、工学的なソフトウェア開発にシフトせよ!』を発表させていただきました。
多くの方にご参加頂き、カンファレンス会場は満席となりました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 

お伺いしてのデモを実施しております

ハートランド・データ株式会社 営業企画部 お問い合わせ

第3回 スマートフォン&モバイルEXPO【秋】レポート作成日
2013-11-10

ハートランド・データは、2013年10月23日(水)~25日(金)に開催された、スマートフォンやモバイルに関する あらゆるソリューション/サービスが一堂に出展する日本唯一の専門展「第3回 スマートフォン&モバイルEXPO【秋】」に出展いたしました。

 

 

ハートランド・データ ブース

ハートランド・データブースでは、『動的テストツールDT10』をご紹介しました。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。
今回の展示会ではAndroidをはじめ、さまざまな環境でアプリケーションの開発をされている開発者の方々や、自社製品の品質向上に興味をお持ちの経営層の方々がブースへお立ち寄りくださいました。DT10の実機でのデモも大変好評でした。

 

いますぐはじめる動的テストセミナー参加費無料、詳細・お申し込みはこちら▲2013年12月5日(木)開催!

いますぐはじめる動的テストセミナー 
~いまのやり方で大丈夫?と思っているソフトウェア開発者様へ~

 

最近、”動的テスト”とよく聞くが、具体的にどのような手法なのか、何からはじめればよいのか、実際にどのような効果が得られるのか、など、疑問や不安をお持ちのお客様も少なくないようです。
本セミナーでは、開発プロセスと各フェーズでの必要な作業を整理し、動的テストの基礎知識や具体的な手法、効果などをわかりやすくご紹介します。

・2013年12月5日(木) 14:00 – 17:00(受付開始13:30受付開始)
・秋葉原UDX 南ウィング4F UDX GALLERY NEXT-1
ハートランド・データ株式会社 営業企画部 お問い合わせ

ITpro EXPO 2013 レポート作成日
2013-10-23

ハートランド・データは、2013年10月9日(水)~11日(金)に開催された、日経BP社主催によるエンタープライズICTのイベント「ITpro EXPO 2013」に出展いたしました。

 

 

ハートランド・データ ブース

ハートランド・データブースでは、『動的テストツールDT10』をご紹介しました。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。
今回DT10は、10/11リリースの最新Ver.9.0を先行展示しました。Android端末の「Javaアプリ層」と「C言語で記述されたNative層」のソフトウェアの動きを同時に見える化するデモを実施し、大変好評でした。


 

いますぐはじめる動的テストセミナー参加費無料、詳細・お申し込みはこちら▲2013年12月5日(木)開催!

いますぐはじめる動的テストセミナー 
~いまのやり方で大丈夫?と思っているソフトウェア開発者様へ~

 
最近、”動的テスト”とよく聞くが、具体的にどのような手法なのか、何からはじめればよいのか、実際にどのような効果が得られるのか、など、疑問や不安をお持ちのお客様も少なくないようです。
本セミナーでは、開発プロセスと各フェーズでの必要な作業を整理し、動的テストの基礎知識や具体的な手法、効果などをわかりやすくご紹介します。

・2013年12月5日(木) 14:00 – 17:00(受付開始13:30受付開始)
・秋葉原UDX 南ウィング4F UDX GALLERY NEXT-1
ハートランド・データ株式会社 営業企画部 お問い合わせ

CEDEC2013 レポート作成日
2013-09-03

CEDEC_2013

ハートランド・データは、2013年8月21日(水)~23日(金)に開催された、日本国内最大のゲーム開発者向け技術交流会「CEDEC 2013」に、展示とスポンサーシップセッションで参加いたしました。

CEDEC 2013

 

スポンサーシップセッションを開催

8月22日(木)には、『プログラムのリアルな動きを把握しろ!〜動的テストが導くプログラム品質の向上〜』
と題し、スポンサーシップセッションを開催いたしました。
約110名の方にご参加頂き、セッション会場は満席となりました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

セッションでは、
・ソフトウェアのリアルな動作を把握するための仕組みを設計段階から考慮する
・”問題解決管理サイクル”、”変更管理サイクル”を上手く回す
という課題について、『動的テストツールDT10』を用いて解決する方法を、実際のデモをお見せしながら紹介いたしました。

CEDEC2013

 

展示ブースの様子

3F広間の展示ブースでも、『動的テストツールDT10』をご紹介しました。

CEDEC2013

 

お伺いしてのデモを実施しております

ハートランド・データ株式会社 営業企画部 お問い合わせ

いますぐはじめる動的テストセミナー(2013年6月20日) 開催レポート作成日
2013-07-19

ハートランド・データは、2013年6月20日(木) 秋葉原UDX UDX GALLERY NEXT-1にて、『いますぐ始める動的テストセミナー』を開催致しました。

 

今回のセミナーについて

本セミナーは、弊社の「動的テストツールDT10」の導入をご検討されているお客様を中心に、【なぜ今”動的テスト”に取り組む必要があるのか?】【具体的にどのような手法なのか?】【実際にどのような効果が得られるのか?】といった内容を詳しく解説させて頂くセミナーです。

 

スペシャルゲスト講演

『複合機における DT10活用事例紹介』

【講師】株式会社リコー MFP事業本部 大野 覚 氏
既に「動的テストツール DT10」を活用されている株式会社 リコーの開発ご担当者様に、ツール導入に至るまでの経緯から、具体的な活用方法、導入前後での工数比較など、リアルな活用事例をご紹介いただきました。

 

ハートランド・データによる講演

なぜ各社は”動的テストツール”にたどりつくのか?~動的テストツールの活用事例とその効果~

「動的テストツールDT10」のユーザーは、どんな課題を抱え、何を解決するために導入し、具体的にどのような効果を上げているのか?Jaxa様、カシオ計算機様、日立製作所様の事例をベースに解説いたしました。

 

他社はもう実践している!”動的テストツール”のスマート活用術 ~不具合解析からパフォーマンス改善、カバレッジの測定まで完全網羅~

動的テストツールはどんなツールなのか?具体的にどう使うのか?簡単に導入できるのか…といったツール導入につきものな不安や疑問をすっきり解決。
ハートランド・データの技術者による、ユースケースに合わせた実践的なデモを実施しました。

 

スペシャルゲスト リコー様の導入事例

スペシャルゲスト リコー様の導入事例はこちらから

No | タイトル | 区分 | 作成日