最新の”Armadillo-IoT“で学ぶ
Linux動的解析メソッド

2022/05/25(水) 11:00〜11:40

セミナー日程

== semi id rule by category == w01 WEBセミナー k01 共催セミナー(임시삭제) s01 Stages体感セミナー a01 機能安全 無料相談会 d01 DT+体感セミナー m01 見逃し配信セミナー動画 == semi id place == ・東京 : to ・大阪 : oo ・名古屋 : na ・広島 : hi ・福岡 : hu ・岡山 : ok ・立川 : ta ・横浜 : yo ・仙台 : se ・WEB : we == state == お申し込み 残席わずか 空席なし 終了

セミナー一覧

WEBセミナー

DT+体感セミナー

見逃し配信セミナー動画

※受講料は無料です。

このような課題をお持ちの方におすすめです

  • Linuxを効率的にデバッグするための環境が整っていない
  • エンジニアのデバッグスキルがバラバラで、特定の人しか解析できない問題がある
  • ターゲットがLinuxに切り替わり、デバッグのやり方が分からない
  • 不具合時の処理をきちんと把握できていない
  • デバイスドライバ(カーネル層)のデータを取得したいが、準備・解析に手間がかかる

セミナー概要

Linuxを使用している組込みエンジニアの方必見
アプリケーションからカーネルまで、Linuxの動きを見える化しましょう。

昨今の組込み開発では、 スマートデバイスやIoT機器開発などでAIとの連携が
重要視されています。それに伴い、これまで別のOSやOSレスだった機器でも、
ネットワークに関連した機能が充実しているLinuxを搭載する動きが加速しています。

そんな中、組込みLinux開発の経験が少ないメンバーも
プロジェクトに加わらざるを得ない状況が予想され、担当者のスキルに依存する従来の
デバッグ手法では、QCDの確保が難しい状況になると考えられます。

また、そういった慣れないプラットフォームでの作業では、
周りに有識者がいないこともしばしば。
そんな 先の見えない非効率な作業 に陥ってしまいがちです。

そこで今回のセミナーでは、これからの開発でも通用する
組込みLinuxのデバッグ手法について、最新の”Armadillo-IoT “を用いて
わかりやすく解説します!

セミナーで学べること

1. 組込みLinuxのデバッグあるある
  • 属人的になりがち – デバッグコマンドにはスキルが必要
  • 非効率になりがち – ユーザー層とカーネル層の処理を別々に確認
2. 現場の手間を軽減!動的テストツールDT+を使ったデバッグ手法
  • デバッグ環境構築の容易性
  • カーネル層&ユーザー層の同時トレース
  • 特殊なテクニックは不要!誰でもできる効率的な不具合解析
    >処理の流れを俯瞰して、現象を正しく理解できる
    >タイミング問題は処理時間解析機能とセットで解析できる
    >パフォーマンス問題はカーネルの情報も参照できる
3. 最新の”Armadillo-IoT“を使って実機デモ
  • IoT機器開発者必見!Armadilloの開発環境プチ解説
  • 実機デモ
※内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください

WEBセミナーについて

本WEBセミナーはWEB会議システム(Zoom)を利用しております。
お申し込み後にURLをご案内いたしますので、当日お時間になりましたらそちらからご参加ください。

お申し込み

最新の”Armadillo-IoT “で学ぶ
Linux動的解析メソッド

WEB開催

== semi id rule by category == w01 WEBセミナー k01 共催セミナー(임시삭제) s01 Stages体感セミナー a01 機能安全 無料相談会 d01 DT+体感セミナー m01 見逃し配信セミナー動画 == semi id place == ・東京 : to ・大阪 : oo ・名古屋 : na ・広島 : hi ・福岡 : hu ・岡山 : ok ・立川 : ta ・横浜 : yo ・仙台 : se ・WEB : we == state == お申し込み 残席わずか 空席なし 終了

セミナー一覧

WEBセミナー

DT+体感セミナー

見逃し配信セミナー動画

※受講料は無料です。