DT+Trace

たったの1~2時間で、あなたのソースコードをすぐに”見える化”。
データ取得用の接続方法も複数用意。
CPUやOSに依存せず、組込みシステムからWindowsアプリケーション開発など、幅広く活用できます。
驚きの超長時間トレースで、最大30日間連続でデータ取得可能です。
不具合の原因解析から、処理時間の計測、カバレッジを計測してテスト漏れ箇所を発見するなど、
お客様の課題に合わせた使い方ができます。

\ 1分で分かる /

動的テストツールでできること

「DT+Trace」のご紹介動画
その他「DT+」シリーズのご紹介動画
もっとくわしい便利な使い方を、動画で説明しています。
アプリ画面のとっても細かい操作までご覧いただけます。

機能

処理時間を直感的に把握

実行時間/周期時間グラフ

関数ごとの実行時間、周期時間をグラフ表示できます。グラフ表示は、平均、最小、最大など選択可能で、ターゲット上で動作したリアルな処理時間を直感的に把握することができます。

実行時間周期時間グラフ

テスト環境を簡単に構築

テストポイントの自動挿入

経路情報を取得するためのテストポイントは、関数の入口/出口/分岐などの必要箇所に自動で挿入。プリプロセッサディレクティブを解析し、条件付きコンパイルによって『真』となるコードにのみ、テストポイントを挿入することも可能。従来のprintf文デバッグのように、人によるばらつきもなく、大変効率的です。

テストポイントの自動挿入

プログラムの遷移がよくわかる

関数遷移スコープ

時間軸にそって、各関数がどのように実行されたのかを”見える化”します。コア、プロセスの状態遷移、関数がどのプロセスから呼び出されたかも一目で確認が可能。さらに、Linux、Android開発なら、プロセスIDとプロセス名をカーネルから直接取り込み、トレース結果上に表示することができるため、より効率良く、リアルな動きを把握できるようになります。

関数遷移スコープ

お手軽に、長時間のカバレッジ計測を実現

C0/C1カバレッジレポート

テストの網羅率を計測。これからカバレッジ計測に取り組みたいという方にはかんたんに導入できて大変オススメの機能です。また、ワンタイムトレースという機能を搭載し、長時間の連続カバレッジ計測にも対応しています。

C0C1カバレッジレポート

プログラムの動きと一緒にロジック信号

ロジックウェーブスコープ

最大8chのロジック入力が可能。波形の取得だけでなく、外部信号によるデータ収集の開始・終了の制御もできます。また、イベント信号を出力することも可能で、他機器と連携したデバッグ、テストを実現します。

ロジックウェーブスコープ

ハードウェアスペック

「DT+Trace」に対応するのは「DBOX+Trace」です。
DBOXTrace
ロジックボード
アイコン_DT+Trace
アイコン_DBOX+Trace
サイズ 本体部:124mm(幅) x 27mm (高さ) x 85mm (奥行)
重量 192g(本体部分のみ)
トレース用外部 Ⅰ/ F 非同期バス接続 汎用ポート接続
Ethernet接続*  UART接続* 
*DBOX+を介さず、PCで直接入力となります
DTシリーズとの互換性 ○ : GPIO - NoiseIsolator
○ : Multi - Tracer
× : Current Measure Board
ロジックボード仕様 ロジックボード仕様信号入力 8ch
入力スレッシュレベル 0.1~4V内で12bit分解能で任意指定可能
サンプリングクロック 100MSPS
入力周波数帯域 5MHz
外部出力 4ch
対応アプリケーション DT+Trace
対応言語 C, C++, C#, Java

レビュー動画

「DT+シリーズ」のお披露目となった2020年10月開催WEBイベント、
【Heartland Day 2020 ONLINE】にて公開したレビュー動画です。

  • 「DBOX+」レビュー
新しくなったハードウェア「DBOX+」を徹底レビュー
  • 「DT+」デモ
動的テストツールDT+のデモ動画を公開。

ダウンロード

DT+ シリーズ
総合カタログ

製品デモ・無料トライアル

DT+シリーズ

ご訪問またはTeamsやZoomなどのWEB会議システムにて、
デモンストレーションと詳しいご説明をいたします。

お客様の開発環境で評価いただける14日間の無料トライアル。
   多彩な解析機能をお試しください。

お問い合わせ

詳細はこちらからお願いいたします。