製品情報

DT10の特長

ソフトウェアの開発を”効率化”し
“品質を向上”させます

ソフトウェアの”リアル”な動きを”見える化”する。

「動的テストツールDT10」は、グレーボックステストのためのツールです。プログラムを実行せずにパス解析やフロー解析を行う静的解析とは異なり、実際に実行されているプログラムの挙動を動的に解析します。
DT10なら、1度トレースするだけで、「不具合解析」「動的コードカバレッジ計測」「性能測定・パフォーマンス改善」を一気に解決。ソフトウェア開発の”効率化”と”品質の向上”を同時に実現します。

グレーボックステストとは

ソフトウェアの外部要件に基づいたブラックボックステストと、ソフトウェアの内部構造および内部仕様に基づいたホワイトボックステストの中間的な位置づけの手法。ソフトウェアの内部パス、構造を知ったうえで、機能仕様から見たユーザー視点の動作テストを行う。設計やコードがどうなっているかを知ることによって、テストケースを削減し、より少ないテスト量でバグが出そうな箇所のテストを行うことができる。

不具合解析をスピードアップ

勘や経験に頼らず、ソフトウェアの動きを正しく把握する。

DT10は、ソフトウェアの動きを止めずに、プログラムの挙動を把握・解析する、トレースデバッグを実現します。手動でブレークポイントを設定するブレークデバッグに対し、DT10は実行経路をトレースするポイントをソースコードの必要な箇所に自動で挿入。勘や経験に頼らない不具合解析が可能になります。
さらに、システムの内部だけでなく、CPU周辺のセンサやポートなどのハードウェア状態も同時に計測が可能。プログラムのトレース結果と連動させて確認できるので、不具合がハードウェア要因か、ソフトウェア要因かを、すばやく切り分けることが容易になります。

不具合解析をスピードアップZoom in
不具合解析をスピードアップZoom in

最大30日間 超長時間トレース

1か月に1度しか再現しない不具合も逃さない。

再現頻度の低い不具合を調査する場合、再現させること自体が困難なうえに、原因を特定するための情報が少ない場合も多く、非常に多くの人や工数が必要になるケースも少なくありません。DT10なら、一度だけ再現した不具合の発生状況を逃さずキャッチし、そのトレースログからすばやく不具合の原因を調査することが可能です。
さらに、DT10は最大30日間の超長時間連続トレースが可能。ソフトウェアの動きを止めることなくトレースができるので、長時間ランニングさせたソフトウェアの実行状態も確実に”見える化”できます。

動的コードカバレッジを計測して
テスト漏れを防ぐ

テスト未実施の処理をソースコードレベルで指摘。

結合テスト、システムテストなど、要求仕様や外部仕様を基にしてブラックボックステストを行う場合、ソフトウェアの内部パスを全て実行できるようなテストケースを作成することは、現実的に限界があります。
DT10なら、ソフトウェアを実行させた際のコードカバレッジ(コード網羅率)を計測し、テスト未実施の処理を効率良く把握することができます。
また、ソフトウェアの実際の処理を知ることによって、テストケースを削減し、より少ないテスト量で効率的にテストを行うことも可能になります。

動的コードカバレッジを計測してテスト漏れを防ぐZoom in

パフォーマンスを改善

ボトルネックや設計値から外れた処理をかんたんに発見。

大規模化、短納期化が進んでいるソフトウェアの開発現場では、納期優先でパフォーマンスの改善は開発工程の余った時間に行うという傾向がありますが、できあがった後では性能改善の余地が少ないという状況に陥りがちです。
DT10なら、結合テスト・システムテストフェーズで、機能仕様から見た様々な動作におけるパフォーマンスの測定が可能。関数の実行時間や周期時間(最大・最小・平均など)、二点間の処理時間、プロセスの占有率を一気に解析することができるので、ボトルネックや設計値を外れた処理をかんたんに発見できます。
さらに、ボトルネックとなっている処理に着目し、前後の実行経路を解析することができるため、パフォーマンスの改善が効率的にすすめられます。

パフォーマンスを改善Zoom in
パフォーマンスを改善Zoom in

高い汎用性

CPUやOS、開発環境を選ばない。

DT10はC/C++、C#、Javaに対応。動的テストツールでありながらCPUやOSを選びません。
CPUは、ARM、R8C、V850、SuperH、H8、I.MX、Qorivva、Kinetis、OMAP、などの小規模マイコンから高性能マイコン、さらにはFPGA、自社開発のマイコン。OSは、ITRON、Linux、Android、VxWorks、Windows Embedded CE、Windows Embedded Compact 7、自社開発のOSにまでも導入可能。大規模・小規模開発を問わず、様々な環境・業界で採用されています。
※上記のCPU、OSは一例です。