【第7回DT10活用セミナー】三菱電機、オムロンが
動的テストツール活用のリアルな成功事例を披露

今回の記事では、2018年 8月に開催されたユーザー様限定のセミナーで、三菱電機社、オムロン社の2社様に発表いただいた事例をご紹介します。影響範囲の特定にフォーカスした動的テストツールの活用事例です。
動的テストツールをご検討中の方にも、導入済みの方にも大変興味深い内容となりました。

続きを読む

動的テストの自動化を考える#8

第6回で、Jenkinsで「動的テストを自動化」するためのJobを設計しました。しかしながら、そのときに書いた内容は、言ってみれば一連の作業をバッチファイルとして登録してJenkins上で実行しただけのものでした。そこで、今回は「Pipeline as Code」を意識しながら、「動的テストの自動化」に必要な処理を「パイプライン」らしい記述方法に置き換えてみたいと思います。

続きを読む

機能安全規格 「IEC 61508」 におけるソフトウェア開発で知っておきたいこと。

今回は、機能安全の国際規格である「IEC 61508」に対応するソフトウェア開発において、「カバレッジ計測」と「ツール認証」の必要性についてご紹介します。
IEC 61508は電気・電子・プログラマブル電子システムの機能安全に関する国際規格です。

続きを読む

動的テストの自動化を考える [番外編2]

今回の「動的テストの自動化を考える」は、前回の「番外編」に続く「番外編 第二弾」として、先日パシフィコ横浜で開催されたET2018で展示を行った「DT-ACE」の新しいデモ環境をご紹介したいと思います。この「DT-ACE」の新しいデモ環境では、テスト対象となる組込み機器を専用ハードウェアを使用して直接I/Oレベルで「駆動」させて自動テストを行うことができます。

続きを読む

潜入!「DT10で学ぶ! 組込み向け動的テスト体感セミナー」レポート

ハートランド・データでは、動的テストツールに関する無料セミナーを毎月実施しています。その中でも人気のセミナーが「DT10で学ぶ! 組込み向け動的テスト体感セミナー」。実際どのような感じでセミナーが行われているのかを皆さんに詳しくお伝えするため、今回、こちらのセミナーに潜入取材してきました。

続きを読む

探究 – 次世代Dynamic Tracer#1

最近、種類の異なる複数の信号を同時にキャプチャしてPCに転送してデータを可視化する案件が増えて来ています。入力する信号のチャンネル数や帯域が増えれば増えるほど、それに比例するようにデータ量も増え、PCへの転送方式もより高速なものが望まれます。その転送レートは現行のDynamic Tracerの転送レートを優に超えています。図らずとも、次世代Dynamic Tracerへ向けての検討は進んでいる!?ということになるのかもしれません・・・

続きを読む

ホワイトペーパー「組込み機器のテスト自動化を成功させるための秘訣」

組込み機器開発でも「テスト自動化」が加速する一方で、「I/Oの状態が期待値になっているか」など、組込み機器ならではのテスト項目の自動化については、発展途上です。
そこで、本稿では、組込み機器のテスト自動化環境の構築手法について解説します。

ダウンロード
Loading

フォローする