ページを選択

ピックアップ記事

【連載】ラズパイとPythonでテスト自動化やってみた
~Automeal:制御編~

新型コロナウィルスの流行で、すっかりリモートワークが主流になった昨今。

リモートワークがしたい!
でも実機を操作しないと開発がすすまない… 一体どうすれば!

この記事では、
自動テスト初心者なエンジニアが、テスト自動化ソリューション“Automeal”を使ってみた様子を
数回に分けてお届けしていきます。

続きを読む

テスト自動化ツールまとめ
~どれを使えばいいのか書いてみた~

年々、大規模化するソフトウェア開発。
品質に対する要求レベルも上昇しており、テストにかかる工数も増加しています。
こういった状況にあって、テスト自動化をはじめたい方々が増えており、
ハートランド・データでもテスト自動化の取り組みを進めています。
そこで、自動化へ一歩踏み出す皆さんが導入からつまずかないよう、テスト自動化の始め方と自動化ツールについてまとめてみました。

続きを読む

アンテナによる受信感度の変化を確認してみた~LoRaモジュールの場合~

世の中には様々な無線通信技術があります。
それぞれについて調べてみると、
“通信距離 ○× km以上!!”といった説明が記載されているもの、結構見かけます。

本当にそんな距離まで通信出来るの?
今回は、そんな長距離の通信技術がスペック通りの威力を発揮するために重要な要素である「アンテナ特性」について、
LoRaモジュールで行った測定の結果を交えてお届けしてまいります。

続きを読む

Linux開発で知っておきたいデバッグコマンド

IoT機器の普及に伴い、これまでLinuxを使用していなかった機器でもLinuxで開発する、といったことが増えています。ですが、Linuxのデバッグ環境は誰もがすぐに使いこなせるわけではなく、開発メンバによってスキルの差があること、そしてそれがプロジェクトを進めるうえでの課題となる場合があります。そこで今回は、GDB(デバッガ)やプロファイリング、メモリリーク検出などLinuxのデバッグコマンドやツールをいくつかピックアップし、その使い方を説明します。

続きを読む

テレワーク・リモートワークでの組込み機器のデバッグについて考える

新型コロナウィルスの影響によりテレワーク導入せざるを得なくなったという企業が増えていますが、組込み開発者の方は基板を持ち帰ることができないなど制約が多く納期が迫る中でも開発作業を止めざるを得なかったという方も多いのではないでしょうか。一方で、わざわざ出社せずともテレワークでも問題なく作業を進めている組込み開発者がいることも事実です。今回はそういった方の手法を参考にテレワークでも組込み機器のデバッグを行う方法を紹介します。

続きを読む

Wiresharkの使い方
~Wiresharkで「TCP/IP」モデルをのぞき見る~

ネットワークの基本の理解の近道になる手段のひとつとして、実際に生のパケットをキャプチャして中身を自分の目で確認することが挙げられます。そこで今回は、パケットをキャプチャするために使用するWiresharkの基本的な使用方法を交えながら実際にパケットをキャプチャし、「TCP/IP階層モデル」に沿ってパケットの中身を覗いてみます。

続きを読む
ロード中

最新の記事

ヘビとたまごと回転羽根
~桜東風の社内ドローンコンテスト~

先日、弊社内では“ドローン制御コンテスト”なるものが行われました。若手エンジニアのエンジニアリング向上を目的として行われたこのイベントは、自作の制御ソフトで市販のトイドローンをいかにうまく操れるかを競うものです。ということで、今回は、とある出場チームリーダー視点の開発記をお送りいたします。

「Python始めました」Pythonとネイティブコードの同時プロファイリング
~DT+Python対応実践編~

お待たせしました!DT+TraceのPython対応記事、第2弾になります。
前回、同時プロファイリングの必要性とそのアプローチについては説明させていただきました。
今回は、実際にDT+Traceを用いた、両言語の同時プロファイリングについて解説していきます。

【連載】ラズパイとPythonでテスト自動化やってみた
~Automeal:制御編~

新型コロナウィルスの流行で、すっかりリモートワークが主流になった昨今。

リモートワークがしたい!
でも実機を操作しないと開発がすすまない… 一体どうすれば!

この記事では、
自動テスト初心者なエンジニアが、テスト自動化ソリューション“Automeal”を使ってみた様子を
数回に分けてお届けしていきます。

新テストポイントにAIを導入して
スマートにオーバーヘッドを減らす話

従来、トレース機能を持ったテストツールを使用するうえで、弊社DTシリーズDT+シリーズに関わらず必ずと言っていいほど課題になってしまうのが、オーバーヘッドです。そこで今回は、オーバーヘッドを最小限に抑えつつ効率的なテストを実現するために、ハートランド・データの技術陣が新規投入する最新テストポイントを、オーバーヘッドと照らし合わせつつご紹介します。

サイバーセキュリティに関する米国バイデン大統領令から学ぶ、
サプライチェーンセキュリティを守る6つのTIPS

近頃、より頻繁に目にするようになった「サイバーセキュリティ」というワード。このブログをお読みいただいている皆様にとっては、昨年のApache Log4jにおける脆弱性発見で奔走した方も多いのではないでしょうか。つい先日も「サイバー攻撃により工場全停止」なんてニュースがありました。そこで今回は、どうやってソフトウェアのサイバーセキュリティを担保するのかについて、6つのTIPSというカタチでまとめてみました。

テスト自動化ツールまとめ
~どれを使えばいいのか書いてみた~

年々、大規模化するソフトウェア開発。
品質に対する要求レベルも上昇しており、テストにかかる工数も増加しています。
こういった状況にあって、テスト自動化をはじめたい方々が増えており、
ハートランド・データでもテスト自動化の取り組みを進めています。
そこで、自動化へ一歩踏み出す皆さんが導入からつまずかないよう、テスト自動化の始め方と自動化ツールについてまとめてみました。

アンテナによる受信感度の変化を確認してみた~LoRaモジュールの場合~

世の中には様々な無線通信技術があります。
それぞれについて調べてみると、
“通信距離 ○× km以上!!”といった説明が記載されているもの、結構見かけます。

本当にそんな距離まで通信出来るの?
今回は、そんな長距離の通信技術がスペック通りの威力を発揮するために重要な要素である「アンテナ特性」について、
LoRaモジュールで行った測定の結果を交えてお届けしてまいります。

ロード中