ページを選択

カテゴリー: 技術情報

テスト自動化ツールまとめ
~どれを使えばいいのか書いてみた~

年々、大規模化するソフトウェア開発。
品質に対する要求レベルも上昇しており、テストにかかる工数も増加しています。
こういった状況にあって、テスト自動化をはじめたい方々が増えており、
ハートランド・データでもテスト自動化の取り組みを進めています。
そこで、自動化へ一歩踏み出す皆さんが導入からつまずかないよう、テスト自動化の始め方と自動化ツールについてまとめてみました。

続きを読む

アンテナによる受信感度の変化を確認してみた~LoRaモジュールの場合~

世の中には様々な無線通信技術があります。
それぞれについて調べてみると、
“通信距離 ○× km以上!!”といった説明が記載されているもの、結構見かけます。

本当にそんな距離まで通信出来るの?
今回は、そんな長距離の通信技術がスペック通りの威力を発揮するために重要な要素である「アンテナ特性」について、
LoRaモジュールで行った測定の結果を交えてお届けしてまいります。

続きを読む

SDカードのガベージコレクションがシステムにおよぼす影響を調査する ~DX時代のアナログ波形解析とは~

本記事をご覧の皆様、ハートランド・データ社長の落合です。DXが叫ばれるこの時代、ITエンジニアリングの現場における喫緊の大きな課題の一つは「製品テストの効率化と品質向上を、いかにリモート環境で実現していくか」であると認識しております。そんななか、テスト効率化と品質向上の両方を強力に支援するDT+シリーズのひとつ、DT+Analogが大幅にパワーアップいたしました。今回はDT+ Analogの機能について、SDカード制御を行うシステムにおける品質テスト事例を交えつつご紹介させていただきます。

続きを読む

組込み開発におけるリモートデバッグ
~テレワークしたくて実際に環境構築してみた~

2020年7月に、「テレワーク・リモートワークでの組込み機器のデバッグについて考える」という記事を公開しました。その時の考え方をもとにして、実際に社内にリモートでデバッグが出来る環境を構築してみました。
「実機をどう操作するのか?」「実機の動きをどのように確認するのか?」を前回記事に沿って、弊社で構築した環境を公開します。悩める組込み開発者の皆さんの参考となれば幸いです。

続きを読む

DT+Traceで新しくなったコマンドライン機能「DT+Cmd」の使い方

テスト自動化環境の実現において、JenkinsなどのCIツールとの組み合わせを考えると、制御するアプリケーションには、コマンドライン機能が必要となります。新製品「DT+」向けにコマンドライン機能がアップデートしています。今回はDT+Traceで新しくなったコマンドライン機能「DT+Cmd」の使い方をTipsとしてご紹介します。

続きを読む

Yoctoレシピを書いてDTシリーズのドライバをビルドしてみた

近年の組込み機器はOSにLinuxを使用していることが増えてきました。開発を進めていくなかで、DTシリーズを使ってテストをしたり、デバッグをしたくなることがありますよね。
ですが、その都度ドライバを含めてOSビルドして…と、時間がかかってしまいます。そこでDTシリーズを使う上で必要なドライバファイルを、共有ライブラリ化してインストールして使えるようにするYoctoレシピを作成してみます。

続きを読む

機能安全認証でのカバレッジ計測からトレサビの確保まで
~DT+FSのご紹介~

昨年、【Heartland Day 2020 ONLINE】にて発表された新製品「DT+シリーズ」。
この「DT+シリーズ」に機能安全認証でのプロセスにお使いいただける「DT+FS(Functional Safety)」が新たに追加されます。
DT10AEでご好評いただいていた機能はそのままに、新機能を兼ね備えてリニューアルしました。

続きを読む
ロード中