2020年11月13日、ハートランド・データの開発部門は新しい社屋に引っ越しました。
その名も「ソフトウェアデザインセンター」。

ハートランド・データの社屋は2008年に建設されましたが、
あれからハートランド・データは成長を続け、従業員数もだいぶ増えました。
今後の発展も見越し、元々の社屋の隣に、昨年より新社屋を建設しておりました。

今回のブログでは、新社屋の建設の様子や、引っ越しの様子などをご紹介します。

動画で振り返る、新社屋の着工~完成まで

新社屋の建設が始まったのは、2019年11月25日。
それから徐々に建設が進み、今年の9月中旬に社屋が完成。
だんだんと形になっていく新社屋の様子を見ながら、ワクワクしていました!

着工時から社屋完成までの定点映像がありますので、よろしければご覧ください。

祝完成!内覧会でお披露目

社屋完成後、開発部門の引っ越しの前に、内覧会が行われました。
コロナの影響も考慮し、社員やその家族、社屋周辺にお住いの方など、
限られた方のみをご招待して、小規模に開催しました。
なかなか社員以外が社屋に入る機会はないので、皆様楽しげに見学されていました。

また、たくさんの方々から、きれいなお花などをいただきました。誠にありがとうございました。

おしゃれな内装。Heartland Day でさっそく活用

ソフトウェアデザインセンターは、内装もとってもおしゃれです。
1Fには、カフェ・コンベンションスペースが設けられています。
仕事の合間に社員がリフレッシュするための、社長こだわりのスペースです。

また、このスペースは、10月から開催しているオンラインイベント「Heartland Day 2020 ONLINE」のコンテンツ作成でさっそく活用しました。
Heartland Day では、新製品「動的テストツールDT+(ディーテープラス)」に関するインタビュー記事や動画を公開しておりますので、よろしければご参加ください。

お引越し完了!

11月13日、お引越し当日です。
大きいテーブルや椅子などは、クレーン車で新社屋に運び入れたりしました。
開発部門がごっそりと新社屋に移動し、もともと開発部門があったスペースは一時的にスッキリしておりました。

まとめ

無事引っ越しも完了し、開発部門は新しい環境で業務を開始しております。
よりよい職場環境で、よりクリエイティブに!
Heartland Dayでご紹介しております新製品の「DT+」やソリューションなど、
これからも新しい製品や技術をどんどん発信していきたいと思います。

動的、継承。DT+シリーズ、新登場。

今までのDTシリーズの機能はそのままに、
パーソナルなデバッグから、テストの自動化、リモートテストまで、
多様な開発スタイルに幅広く対応できる、進化する動的テストツール、
それがDT+。