ホワイトペーパーダウンロード

PROCESS MANAGEMENT 4.0

-ENGINEERING SUCCESS-

ストレスフリーな動的カバレッジ計測手法

-テスト自動化を見据え、動的カバレッジ計測は新たなフェーズへ-

設計・テストフェーズで差がつく影響範囲特定手法 

ー影響範囲を探してテストする。動的テストツールの新しいかたち-

組込み機器のテスト自動化を成功させるための秘訣

-組込み機器のテスト自動化を加速するソリューション「DT-ACE」-

Windowsアプリケーションの動的テスト手法の提案

~Windowsアプリケーションに特化した動的テストツールDT-Win~

知っておきたいMC/DCの計測アルゴリズム

- ISO 26262規格で求められるMC/DCの概要 -

機能安全規格準拠の統合テスト手法のご提案

- ISO 26262に対応した動的テストツールDT10 Automotive Edition -

CI環境における動的テストの適応

- Jenkinsを使った動的テスト自動化の施策例 -

組込み機器における消費電流の見える化の実践

-動的テストツールDT10のAnalogBoxを使った電流計測方法-

CANバスを使用したソフトウェアの計測

-CANバスを使用しカバレッジ及びパフォーマンスの計測を実施する方法-

ますます複雑化するエンジニアリング環境下で、品質と信頼性を保つには、継続的なプロセス管理/改善への取り組みが重要な要素となります。 この取り組みを進める上でのポイントを「インダストリー4.0」と絡めて解説します。 プロセスを上手く運用できていないと感じてらっしゃる方々へ、改善活動のヒントとしてお読みいただけます。

近年、「機能安全」といった規格準拠の開発プロセスが望まれる中、組込みソフトウェアのカバレッジ分析の効率化に注目が集まっています。現場の負担を減らす動的カバレッジ計測手法にも、テストコードのオーバーヘッドなど、いくつかの課題があります。「動的テストツール DT10」による、さらなる効率化を実現するための課題解決のアプローチとは?

エンハンス開発では、馴染みのあるベースコードが変更の対象になりますが、その一方で、顧客が短納期化やコスト抑制を望むケースも多く、変更による影響範囲の見極めはコスト面からも非常に重要な作業と言えます。エンハンス開発をV字プロセスに当てはめてみると、同じ「影響範囲特定」でも、設計フェーズとテストフェーズでの戦略の違いが見えてきます。 そこで、本稿では、設計フェーズとテストフェーズそれぞれにおける新しい影響範囲特定手法を解説します。

組込み機器開発でも「テスト自動化」が加速する一方で、「I/Oの状態が期待値になっているか」など、組込み機器ならではのテスト項目の自動化については、発展途上です。 そこで、本稿では、組込み機器のテスト自動化環境の構築手法について解説します。

様々な分野で利用されるWindowsアプリケーション。 本稿では、特に、インダストリアル向けの分野で求められるWindowsアプリケーションの品質が何であるかを紐解き、Windowsアプリケーションの品質を向上もしくは一定レベルを保つためのアプローチの仕方について紹介します。 また、そのアプローチの一つであるWindowsアプリケーションの動的テスト手法について解説します。

MC/DC(Modified Condition/Decision Coverage)は、ISO 26262規格において、極めて高い品質保証を求められるテストに用いられるカバレッジです。広く知られている「ステートメントカバレッジ」「ブランチカバレッジ」といったカバレッジ基準に比べて、考え方が少し難しいMC/DCの計測アルゴリズムについて、具体例とあわせて解説します。

日増しに高まってきている機能安全規格準拠の製品開発。規格では何を求められているのか?どのようにソフトウェア開発を進めればよいのか?今一つ咀嚼できていないソフトウェア開発者が多いのが現状です。 ISO 26262規格準拠のソフトウェア開発における開発者の課題解決、及びISO 26262で推奨される実機動的テストにおいて、「DT10 Automotive Edition」で実現可能となる規格準拠の統合テスト手法を解説します。

「膨大になるテストをどのように効率良く消化するか?」 ソフトウェア開発現場における喫緊の課題を、テスト自動化により、テスト時間や品質を確保する事例が増えています。 継続的インテグレーション(CI)の支援ツールとして代表的な「Jenkins」を採用し、結合テストを繰り返し自動実行をして、反復作業を省力化する。問題の早期発見・素早くこまめな修正により、テストの効率化を図るケースが多く見られます。 そのようなCI環境に対して、実機による動的テストで時間計測やカバレッジ計測ができる「動的テストツール DT10」を どのように適応させて、どのような成果が得られるのかを解説します。

小型化・高速化を要求される組込み機器開発において、省電力化を図るソフトウェアエンジニアには、ソフトウェア処理と消費電流の関係を容易に把握できる計測環境が必要であると考えます。 本ホワイトペーパーでは、DT10のAnalogBoxを使った新しい電流計測方法を解説します。

動的テストツールDT10を使用することで、ユーザは実際にソフトウェアが動作しているときのカバレッジやパフォーマンスの計測を容易に行うことができます。 本ホワイトペーパーでは、CANバスを使用したカバレッジやパフォーマンスの計測方法を解説します。

ご不明な点などございましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。

ハートランド・データ株式会社
セールス&マーケティング部

TEL: 0284-22-8791(代表) (平日 9:00~17:30)

    お名前必須
    貴社名必須
    部署名必須
    役職
    都道府県必須
    TEL必須
    Eメール必須
    ご要望をお書きください
    デモを希望する無料トライアルを希望する
    ご要望やご質問などをご自由にお書きください
    個人情報の取り扱い必須
    個人情報の取り扱いについて同意する
    個人情報の取り扱いに関して
    弊社では、今回ご開示いただきましたお客様の氏名、住所、メールアドレスなどの特定個人を識別できる情報(以下「個人情報」といいます)につきましては、プライバシーポリシーおよび利用目的にしたがって利用いたします。
    送信の際は、プライバシーポリシーおよび利用目的の内容をご確認いただき、ご同意の上で送信してください。