開発者の課題

・処理のタイミングがシビア
・割り込みが多い
・実行中に処理を止められない
・タスクが多い
処理シーケンスが複雑になるほど、
実動作で確認しにくい・・・

DT+トライアルキャンペーン

Amazonギフト券
3000円分プレゼント!

無料トライアル

動的テストなら・・・

動かすだけで
処理シーケンスが見える化できます

関数遷移スコープ
コア別に
タスク/スレッド関数
どんな動きをしたのかを
グラフで表示して可視化します。
関数遷移スコープ
関数の遷移が一目でわかる
各関数がどのように実行されたのかを
時間軸に沿って確認できます。

グラフは拡大/縮小が可能なので
関数全体の動きを
把握することができます。

変数スコープ
実機を動かした際の変数値が
どんな動きをしていたのかを
グラフで表示します。
変数スコープ
変数値の変化がわかる
ターゲット上での動作を止めることなく
長時間トレースできるので、変数値の変化を
リアルタイムに確認することができます。
重ね合わせることで、変数ごとの動きが
理解しやすくなります。

他にもさまざまなグラフを見える化できます

実機を動かすだけで 処理が見える化 できます

実機を動かすだけで
処理が見える化
できます

エンジニア向け活用方法

動的にカバレッジを取るメリット

動的にカバレッジを取るメリット

コード理解の時間が短縮できる

コード理解の時間が短縮できる

処理手順が設計通りか分からない

処理手順が設計通りか分からない

設計値と実動作の比較が見れる

設計値と実動作の比較が見れる

成功体験ストーリー

事例紹介

テストの進捗遅れの原因 無料トライアル中にあっさり解決

テストの進捗遅れの原因
無料トライアル中にあっさり解決

一生かかっても終わらないと思っていた そんなテストも短時間で可能になった

一生かかっても終わらないと思っていた
そんなテストも短時間で可能になった

もっと動的テストを知る

完全無料のWEBセミナーでさらに詳しく機能を学ぶ。
14日間無料ですべての機能をお試しいただけます。