組込み開発でありがちな課題

プログラムが設計通りに動いているか
実機で確認するのが難しい

動的テストなら 時期で動かしながらテストできる

動的テストなら
時期で動かしながらテストできるので

変数値や処理時間の計測結果を
瞬時に解析し、NG箇所を特定できます

DT+トライアルキャンペーン

Amazonギフト券
3000円分プレゼント!

無料トライアル

動的テスト活用シーン ー

定周期の処理が、 設計通りに動いているか確かめたい

例えば・・・

定周期の処理が、
設計通りに動いているか確かめたい

時間測定のためのテストポートを用意して
オシロスコープなどで波形確認しなければならない
動的テストツール「DT+」なら・・・
ソースコードにデバッグ用のコードを 自動で埋め込み動かすだけ
ソースコードにデバッグ用のコードを
自動で埋め込み動かすだけ。
動かした分の計測データを統計的に解析できる。
最小・最大・平均時間やヒストグラム表示まで。

設計の期待値をあらかじめ登録しておけば、

解析をするだけで

設計値を外れた処理がわかる

エンジニア向け活用方法

動的にカバレッジを取るメリット

動的にカバレッジを取るメリット

コード理解の時間が短縮できる

コード理解の時間が短縮できる

処理手順が設計通りか分からない

処理手順が設計通りか分からない

設計値と実動作の比較が見れる

設計値と実動作の比較が見れる

成功体験ストーリー

事例紹介

テストの進捗遅れの原因 無料トライアル中にあっさり解決

テストの進捗遅れの原因
無料トライアル中にあっさり解決

一生かかっても終わらないと思っていた そんなテストも短時間で可能になった

一生かかっても終わらないと思っていた
そんなテストも短時間で可能になった

もっと動的テストを知る

完全無料のWEBセミナーでさらに詳しく機能を学ぶ。
14日間無料ですべての機能をお試しいただけます。