ソフトウェア開発の現場においても、今までと違った開発環境が求められてきている昨今、より効率的な業務改善を求められている開発者、テスターの方も多いのではないでしょうか?そんなときにおススメしたいのが、テスト自動化です。本記事では、ブログ記事やホワイトペーパーなど、ハートランド・データのテスト自動化情報をご紹介します。

ブログ記事

「動的テストの自動化を考える」シリーズ

本シリーズでは、「動的テストの自動化を考える」をテーマに実践的な方法についてご紹介します。特に、Jenkinsを使用した「動的テストの自動化」を行うためのCI(Continuous Integration)環境の構築方法を中心に、DTシリーズのツールのノウハウとあわせてご紹介します。

小さく素早く始めるテスト自動化
~スモールスタートのススメ~

われわれ組込み業界の開発現場においても、多くの工数を要するソフトウェアのテスト作業を自動化し、作業効率化を検討する企業が増えているようです。全体の見通しを立てるために、どうしても最初から「大きな取り組み」として考えてしまいがちです。先が読めない新しい取り組みに関しては、『スモールスタート』の考え方がマッチするかもしれません。

ホワイトペーパー

CI環境における動的テストの適応
- Jenkinsを使った動的テスト自動化の施策例 -

テスト自動化により、テスト時間や品質を確保する事例が増えています。継続的インテグレーション(CI)の支援ツールとして代表的な「Jenkins」を採用し、結合テストを繰り返し自動実行をして、反復作業を省力化する。問題の早期発見・素早くこまめな修正により、テストの効率化を図るケースが多く見られます。そのようなCI環境に対して、実機による動的テストで時間計測やカバレッジ計測ができる「動的テストツール DT10」をどのように適応させて、どのような成果が得られるのかを解説します。

組込み機器のテスト自動化を成功させるための秘訣
-組込み機器のテスト自動化を加速するソリューション「DT-ACE」-

組込み機器開発でも「テスト自動化」が加速する一方で、「I/Oの状態が期待値になっているか」など、組込み機器ならではのテスト項目の自動化については、発展途上です。
そこで、本稿では、組込み機器のテスト自動化環境の構築手法について解説します。

サービス情報

テスト自動化ソリューション

テストの自動化には、
■属人性のない一定化されたテストの実施
■限られたテスト時間の有効活用
■ヒューマンエラーや曖昧さの排除
といったメリットがあります。
そしていま、動的テストの自動化に取り組むお客様が増えています。
ハートランド・データは、テスト自動化に関わるさまざまなサービスを行っています。