カテゴリー: 接続方式

検証!ファイル書き出しのオーバーヘッドを比較してみた!#3

今回は、同じWindows環境で複数スレッドを対象としたときの最速の「ファイル書き出し」の手法は何かを検証してみてみたいと思います。特に、複数スレッドを対象するときは、情報を書き出すファイルもしくはリソースに対して複数のスレッドからの同時アクセスが発生します。このため、各スレッドのアクセス権限の調停をはかるため「排他処理」が必須になります。

続きを読む

検証!ファイル書き出しのオーバーヘッドを比較してみた!#2

比較的オーバーヘッドが小さく、導入時の手間が掛からないため、Linux機器を開発しているユーザー様は、特に「ファイル書き出し」接続をDT10で使用するユーザー様が多いです。
今回は、Linuxのアプリケーションをターゲットとして、「ファイル書き出し」接続におけるオーバーヘッドの削減について検証します。

続きを読む

検証!ファイル書き出しのオーバーヘッドを比較してみた!#1

DT10の「ファイル書き出し」方式は、オーバーヘッドが小さく、ハードウェアによる接続も無く、ドライバの合わせ込みも無く、気軽に直ぐに導入できることを理由に、カバレッジ計測において活用されています。データの取り扱いを工夫することで、さらなるオーバーヘッドの削減ができないものか考えました。今回は、Windowsアプリをターゲットにして検証します。

続きを読む

ホワイトペーパー「CANバスを使用したソフトウェアの計測」

動的テストツールDT10を使用することで、ユーザは実際にソフトウェアが動作しているときのカバレッジやパフォーマンスの計測を容易に行うことができます。
本ホワイトペーパーでは、CANバスを使用したカバレッジやパフォーマンスの計測方法を解説します。

ダウンロード
Loading

フォローする